« 司法書士余命とご本人との年齢差 | トップページ | 二階建て事務所の特殊性 »

2018年11月 9日 (金)

権利証が「情報」に変わった中でも

301109_4久しぶりの雨。
11月なのに電車には冷房が入っていて、上着を着て歩くと暑い、変な気候です。

さて、午前中は、堺市内のお客様訪問。
金融機関さんの契約の場をお借りして、権利証のお預かり。抵当権設定登記の準備です。

権利証は、登記識別情報という「情報」に変わっていて、通知書(書類)自体をお預かりしなくても、書類に書いてあるパスワードがあれば、登記は可能です。

その場で書き写して、もしくは、コピーが取れる環境ならばコピーを取ってもらって、書類自体はお預かりしない、ということで事足りるのですが、何となくお客様に不審に思われるような気がして、初対面のお客様であれば、袋ごとお預かりしてしまうことが多いです。

午後からは、茨木市。
被後見人さんの通院と、買い物へのお付き合い。

道中、いろいろとお話しして、いろいろな出来事があって、これは私の役割だなと思って、お付き合いしています。

|

« 司法書士余命とご本人との年齢差 | トップページ | 二階建て事務所の特殊性 »

司法書士の日常」カテゴリの記事