« 名古屋出張は乗り慣れない名鉄 | トップページ | 司法書士余命とご本人との年齢差 »

2018年11月 7日 (水)

「待たせるのが当然」はNG

Dsc_kouken午前中は、新規のご相談2件。
空白時間のない来所で、一瞬だけ入口でかち合わせてしまい、申し訳ないことをしました。

事務所に続けてお越しになられた方が「お知り合い」という可能性は、ほとんどないことと思いますが、入口で顔を合わせられないように、ずらして予定を入れているつもりです。

病院なんか、予約を取っているはずなのに待たされるのは、同じ時刻に複数の約束を入れているから。「待たせるのが当然」という感覚は、NGです。

午後からは、打ち合わせ。

オリジナルの「成年後見ハンドブック」が役立ちましたが、「必要なことを、分かりやすく」は、なかなか難しいことです。

|

« 名古屋出張は乗り慣れない名鉄 | トップページ | 司法書士余命とご本人との年齢差 »

司法書士の日常」カテゴリの記事