« 歩くスピードが速い人は仕事ができる? | トップページ | 施設探しはなかなか難しい »

2018年10月25日 (木)

成年後見人からの不動産売却

301025午前中は、大阪駅前で不動産の売買。
私が所有者の成年後見人として、売主の当事者となる売買でした。

家庭裁判所の許可を取って行なう、居住用不動産の売買。
登記に必要となる印鑑証明書は、今回初めて、家庭裁判所に「印鑑届」を出して、裁判所書記官発行のものを利用しました。便利です。

普段は、「登記」という面から不動産の売買を拝見していますが、当事者となると、見える景色が全く違います。持っていく書類なんかも、いつも以上に「忘れ物はないか」と気になったり。

しかし、売却活動をして下さったのは仲介業者さんですが、少しでも高く売れるように。自分だけでなく、第三者から見ても納得できるような売り方として、普段、私がお客様にアドバイスしている方法を実践しました。

午後からは、任意後見契約の打ち合わせ。

任意後見契約は内容が難しくて、周りの支援者の方(特に福祉関係者)経由でご相談があっても、やっぱり話がダメになる、ということが多いのですが、見守り契約と共に、着手させてもらうことになりました。

|

« 歩くスピードが速い人は仕事ができる? | トップページ | 施設探しはなかなか難しい »

司法書士の日常」カテゴリの記事