« 「片道の移動時間1時間」の感覚 | トップページ | デイサービス利用のメリット »

2018年9月27日 (木)

車に乗れるのも今のうち?

300927大阪市内、被保佐人さんの施設訪問。
本を読むくらいの余裕が欲しいので、今日こそは電車で出掛けるつもりでしたが、時間に追われて車で出発。

ということで、この3日間、仕事での走行距離は、合計で240キロになりました。

急に走行距離のことを書き始めたのは、後見業務で移動する際の、ガソリン代(実費)をどうしようかと考えていて、今まではご本人からいただいてなかったのですが、いただくとしたら、走行距離のメモは取らないといけない。

手間的にどんなものだろう、と考えている中でのことでした。

事務所を開業した時、車を所有するような余裕はありませんでした。

仕事が忙しくなった後は、事故をすることが怖くなり、車があるのに乗らなくて、バッテリーが上がってしまったこともありました。

なので、40半ばになって、車で動き回るようになった、というのは自分でも意外なのですが、車に乗れるのも「今のうち」。そんなことを言いながら、歳を取ったら郊外に住んで、「車がないと生活できない」と言ってる可能性もあります。

|

« 「片道の移動時間1時間」の感覚 | トップページ | デイサービス利用のメリット »

司法書士の日常」カテゴリの記事