« 登記が義務化されていないため | トップページ | 「日本一働きやすい会計事務所」 »

2018年9月 8日 (土)

台風+地震の後に考えること

300908落ち着いたと思った頃に、我が家も停電を経験しました。

写真は、奥様がどこからか取り出してきたローソクの炎。携帯電話の画面の光よりも、何倍も力強かったです。

自宅の駐車場は、マンションの立体駐車場には入れず、あえて外に借りているのですが、その理由は、「地震でマンションが崩れたら、車を出せなくなるから」でした。

しかし、今回の台風で、停電しても車は出せなくなるし、大雨で道路が冠水する前に、立体駐車場で地下にもぐっている車が浸かってしまう、という単純なことに気付きました。

立体駐車場じゃなくても、出入口が電動になっていて、車を出せなかったという話も聞きました。

電力に頼り過ぎると、あちこちにしわ寄せが来ることが分かりますが、テレビや新聞を見ていると、「関空がどうなった」「地震で不明者が」といったところが取り上げられがち。北海道の地震でも、都会の生活がどうなっているかが見えにくいです。

災害で都市の生活がどうなるのかは、もっと考えないといけないのだと思います。

|

« 登記が義務化されていないため | トップページ | 「日本一働きやすい会計事務所」 »

世の中の話」カテゴリの記事