« 休みを取っても成り立つのが理想 | トップページ | 後見人と通院の付き添い »

2018年8月26日 (日)

「成功者の自分の時間研究」

300826「成功者の自分の時間研究」(上野光夫著)

著者は「3万人以上の経営者・起業家・エグゼクティブの方と会ってきた」という経営コンサルタントの立場から、成功者が何を考え、どんな時間の使い方をしているのか、ということを書かれています。

総論的には、共感できる話で、「やっぱりそうか」と思えます。
一方、テクニック・訓練の話になると、「本当にそうなんだろうか?」と、疑問に思う部分もありました。

私自身、「群れない」とか、「プライベートで時間の拘束を受けない」とか、「○時には寝る」とか、意識しなくても崩さない部分を持っています。「異業種交流会や朝会みたいなのに行かない」「懇親会に出ない」とか、意識が高い人(?)が集まるとされる場所が、一番嫌いだったりします。

元々の性格なのでしょうけど、事務所を開業してから固まった部分が大きいです。

「時間はみんな平等に与えられている」というのは、よく言われることですが、「時間の使い方」=「その人の考え方・生き方」の問題だということを、伝えてくれている本です。

|

« 休みを取っても成り立つのが理想 | トップページ | 後見人と通院の付き添い »

読書・映画の話」カテゴリの記事