« 地震の被害に遭ったかどうかで認識が違う | トップページ | 自動車の登録と代表者の変更 »

2018年7月 1日 (日)

生活習慣と学力への影響

3007016月28日の日経新聞に、「生活習慣 学力に影響」「本・新聞、規則正しい生活→好成績に」「家庭環境の格差克服も」の記事。

「文部科学省が2017年春の全国学力テストの結果を分析したところ、日ごろから本や新聞に親しんだり、規則正しい生活を促したりしている家庭の子供は、親の収入や学歴が高くなくても好成績の傾向があることがわかった」(以上、記事の表現のまま)と書かれていました。

規則正しい生活がいい結果につながるのは、大人の世界でも同じです。

私自身、子供の頃から、早寝早起きの習慣を身に付けさせてもらえたことは、親に感謝しかありません。今でも21時に寝るのが理想(そういうわけにはいきませんが)。「朝食抜き」ということも、ありえなかったです。

子供の学力問題を、親の収入の問題と結び付けて考えられる度、違和感を感じていましたが、それはそれとして、子供は親の言動からいろんな影響を受けているという現実を、もっと考えないといけないです。

|

« 地震の被害に遭ったかどうかで認識が違う | トップページ | 自動車の登録と代表者の変更 »

世の中の話」カテゴリの記事