« 再び電車が止まってしまう | トップページ | 総務省の家計調査期間が満了 »

2018年7月 7日 (土)

大雨の被害が明らかになって

300707一昨日からの大雨は、「数十年に一度の」と言われていますが、自然災害の被害が極端。「想定外」になってきた気がします。

私自身、昨日は変更できない予定が京都であって(売主さん、買主さん、仲介業者さんも京都)、朝の6時前から、交通手段を真剣に考えていました。

そんな中、個人事業主としての「危機管理」を考えると、
・電車が止まっても、職場に行ける環境に身を置くこと(職住近接)
・電車や高速道路も、複数路線を使える環境に身を置くこと

以上の2点が重要なことだと、改めて感じました。電車も、鉄道会社の判断で、簡単に止められるようになった傾向があります。

昨日は、JRも南海電車も止まっていましたが、天王寺行きの阪堺電車(通称:チンチン電車)が走っているのを見て、「いざという時に使えるのかも?」と気付きました。中百舌鳥まで行き着ければ、地下鉄で大阪市内に出られる、という手段もあります。

自然の猛威を前にすると、人の存在なんてちっぽけなもので、私もどこでどんな被害に遭うか分かりませんが、川の堤防より低い場所、裏が山(崖)になっている場所には身を置かない。被害に遭われた方には失礼ですが、ここまで同じような災害が繰り返されると、そんな考えが広がっていくのではないかと思います(不動産業者が土地を購入する場合、過去浸水の有無をチェックされることもあります)。

|

« 再び電車が止まってしまう | トップページ | 総務省の家計調査期間が満了 »

世の中の話」カテゴリの記事