« 夏季休暇の予定 | トップページ | 電車のドアの開閉ボタン »

2018年7月29日 (日)

「年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?」

300729「年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?(水野俊哉著)」

サブタイトルは、「年収300万円、年収1000万円の人が絶対に知らない超一流の思考と行動」とあり、51のパートに分けて、『年収300万円の人』『年収1000万円の人』『年収1億円の人』の思考と行動を比較されています。

私は、休日は「常にサイレントモード」なので、タイトルに惹かれて手に取りました。仕事中も、親しい人ほど事務所に電話をくれるか、メールやLINEでのやり取りです。

本の内容は、携帯電話の話の他、旅行の話とか、家族に接待する話とか、共感できる話もあれば、ファッションにお金を使う話とか、一食で3万円使う話とか、自分には無理だな~と感じる話もありました。

しかし、『おわりに』に書かれていたこと。

「人生の価値を決めるのは年収ではなくライフスタイル」とあるように、年収が1億円なくても、1000万円なくても、自分なりの快適な生活。自分で決めた、自由な生活サイクルを楽しむことを目指したいです。

|

« 夏季休暇の予定 | トップページ | 電車のドアの開閉ボタン »

読書・映画の話」カテゴリの記事