« いろいろと世の中の仕組みは恐い | トップページ | 「お客さんだけど自分もお客」という関係 »

2018年7月24日 (火)

保険料を徴収するのにもコスト

Dsc_sakaihigashi今日は、堺市内の施設を訪問。
住所の異動手続きをした被後見人さんの保険証等が届いたので、差し替えに出向きました。

郵便物はこれで落ち着いた感じがしますが、来年のための備忘録として、7月は、

・後期高齢者医療被保険者証
・介護保険負担割合証
・後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証

の3点が、日をずらして届きます。

上記書類を、施設やご本人宅で保管している方については、1点が届くたびに郵送したり、お届けしていると大変なことになるので、3点が整った時点でご対応です。

・介護保険料納入通知書
・後期高齢者医療保険料額決定通知書

なども届いていますが、保険料を徴収するために、役所が大きなコストをかけていることが分かります。特に、堺市の医療保険料額の決定通知書は4色印刷のカラフルなもので、場違いな印象です。

|

« いろいろと世の中の仕組みは恐い | トップページ | 「お客さんだけど自分もお客」という関係 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)