« 「かかわると面倒くさい人」(榎本博明著) | トップページ | 保険料を徴収するのにもコスト »

2018年7月23日 (月)

いろいろと世の中の仕組みは恐い

300723朝から、古くに個人再生をされた方からのお電話で手が止まります。

個人再生の中に含まれていた債務。残元金と個人再生で支払った分の差額について、代理人弁護士から請求書が届いた、と。無茶なことをします。

午後からは、茨木の被後見人さん訪問。
医療費の金額が高過ぎるのではないかと、市役所に相談にも行きました。

「医療保険のおかげで自己負担は1割で済んで、一定額を超えて支払った分は戻ってくる(もしくは、限度額を超えて支払わなくていい)」はずなのですが、保険では賄われない支出は対象になりません。

個室ベッド代であれば、自ら選択したことなので支払うのは当然のことと思いますが、

その他、書けないことも含めて、いろいろと、世の中の仕組みって恐いな~ということを体験しています。

|

« 「かかわると面倒くさい人」(榎本博明著) | トップページ | 保険料を徴収するのにもコスト »

司法書士の日常」カテゴリの記事