« 会社さんの登記が続きます | トップページ | 本店移転は登記完了後の手続きがいろいろ »

2018年6月12日 (火)

不動産を売却する時の責任

Dsc_5976今日は、被後見人さんの自宅訪問。
不動産売却のための準備として、初めて、親族の方と部屋に入りました。

こういう時は、できるだけ複数の人に同席してもらうこと。

純粋に、他人の家に一人で立ち入るのは恐いというのもありますが、「あれがあったはず」「これがあったのに無くなった」といったトラブルは、避けないといけません。

これから、荷物の整理、不動産の売却へと進みますが、今まで後見人として不動産売却に関与してきたのは、一戸建てのみ。

一戸建てを売却する場合特有の問題では、境界の確定があって、印鑑を押してもらうためにお願いしに行かないといけないのか…という場面では気が重たかったですが、

マンションとなると近隣への騒音の問題が生じるし、今までの人間関係の中で、「黙って出て行く」というわけにもいかないので、不動産を所有することの責任は、処分するところまで続きます。※写真のマンションと本文は関係ありません。

|

« 会社さんの登記が続きます | トップページ | 本店移転は登記完了後の手続きがいろいろ »

司法書士の日常」カテゴリの記事