« 住民票の削除と相続登記への支障 | トップページ | 制県伝説 »

2018年6月 1日 (金)

大阪府庁で定款の情報を閲覧

Dsc_5372役員変更登記に必要な、定款の情報がない。
そんな時に、大阪府庁における、建設業許可申請書類の閲覧制度を利用してみることに。

電話で聞く限り、許可申請時の定款は「残っていない」と覚悟していましたが、ダメ元の手段が成功。

別件の、役員変更登記&本店移転登記の申請。
東京管轄に申請する時に何となく緊張するのは、大阪の感覚で「定款抜粋」を付けたところ、「定款抜粋でいいとは、条文に書かれていないでしょ」と補正になった経験から。

被後見人さんの自動車の売却手続きに着手。
まずは販売した大手ディーラーさんに相談と声を掛けてみましたが、選択肢から消えました。

大きいからといって、何でもできるわけではなく、街の車屋さんでないとできないこともある、ということで、司法書士の世界でも同じような部分があるのかな?と、そんなことを考えていました。

|

« 住民票の削除と相続登記への支障 | トップページ | 制県伝説 »

司法書士の日常」カテゴリの記事