« 品物を贈る時は考えよう | トップページ | 生活習慣と学力への影響 »

2018年6月30日 (土)

地震の被害に遭ったかどうかで認識が違う

300630大阪北部の地震から、もうすぐ2週間です。

「震度6で仕事をする前例を作るな」という意見もありましたが、昨日、事務所の中で、「当日の午前中、大阪市内で、不動産売買の立ち会いが入っていたらどうしたか?」という議論をしていました。

電車が止まって、阪神高速も通行止め。下道の大渋滞は確実。
それでも、司法書士の都合で、「延期にして下さい」とは言えなかっただろうから、最後は自転車に乗ってでも、行くべきじゃないか。

いやいや、それは、自分たちの事務所や家が被災しなかったから言えることで、直接の被害に遭っていれば、また違った結論になったかも。

大阪の中でも、北部と南部とでは、被害の認識は全然違います。
また、距離が遠く離れると、当日の夜、LINE@でセミナーの案内を送って来た人を見て、これは完全に空気が違うんだなと感じたものですが、それまた自然のことです。

|

« 品物を贈る時は考えよう | トップページ | 生活習慣と学力への影響 »

世の中の話」カテゴリの記事