« 審判から確定までの「2週間」の期間 | トップページ | 地震の被害に遭ったかどうかで認識が違う »

2018年6月29日 (金)

品物を贈る時は考えよう

300629午前中は、M&Aに伴う役員変更登記書類にご捺印。
金融機関にて、売主さん買主さんが同席の元の手続きは、不動産の売買と同じような緊張感があります。

午後からは、被後見人さん宅。
不動産の売却準備、動産撤去の前提として、重要な書類や現金の捜索。今回も3人掛かりで、肉体労働です。

お祝いをもらうと、一部、品物でお返しする。
うちの実家にも、使わずに収納された品物がたくさんありましたが、そんな慣習の弊害でしょうか。

他人に品物を贈る時は、ちょっと立ち止まって考えよう。
モノは増やさないように、溜めこまないようにしよう。

押し入れに、なおし込まれたままにされた大量の荷物からは、そんなことが学べます。

|

« 審判から確定までの「2週間」の期間 | トップページ | 地震の被害に遭ったかどうかで認識が違う »

司法書士の日常」カテゴリの記事