« トイレを見ると建物の程度が分かる | トップページ | プライベートで経験することの意味 »

2018年5月15日 (火)

被後見人さん宛の郵便物の転送

Sakaihigashi_2一日の予定が定まらないうちにお電話が続き、バタバタと。

午前中は、金融機関で設定書類の確認。
オンラインで相続登記の申請。
オンラインで役員変更登記の申請。

午後からは、新規のご相談。
ご本人が居られないと解決しないということで、ご本人を呼んでもらい、ご相談を継続。

土地の保存登記のための評価証明の取得。
「土地の表題登記がされたばかりの土地の保存登記」というのも珍しいですが、役所では「近傍地」の評価を入れた、登記用の評価証明書を出してもらうことができました。

被後見人さん宅に届く、郵便物を転送してもらうための手続き。
「成年被後見人に宛てた郵便物等の配達の嘱託申立事件」について、審判が下りました。

感覚的には、少なくともご本人が入院されていれば、もっと簡易に転送を認めてもらえていいのではないかと思うのですが『審判』。確定を待って、期限は6か月に限ります。法律は、後見人だからといって、被後見人さん宛ての郵便物を開く権限はないと考えています。

|

« トイレを見ると建物の程度が分かる | トップページ | プライベートで経験することの意味 »

司法書士の日常」カテゴリの記事