« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月20日 (日)

「無印良品」世界最大の店

300520イオンモール堺北花田にできた「無印良品」の店。3月にリニューアルされてから行ってなかったので『初』でした。

普通の「無印良品」にある服や雑貨と共に、レストラン、フードコート、肉・魚・パン・惣菜のコーナーもあります。組み合わせが斬新で面白い。4,300㎡超の規模は、無印の店では世界最大、とのこと。

・通り道にバイキングの食材を並べて大丈夫なのかな
・量り売りの総菜、料金を統一したら、一つのお皿にいろんな食材を盛れるのにな
・フードコートは、もっとベンチがあってもいいかも

ついつい、店を運営する立場の視点で物事を見てしまいますが、イコール、お客として純粋に感じること。

今日はお昼時、お腹を空かせた時に行ってしまったので、またゆっくりと、店内を見て回りたいです。

|

2018年5月19日 (土)

「法務局の近く」より優先すること

Sakai今週は毎日、事務所の誰かが堺東に通って、法務局に、登記関係書類の提出~回収の作業をしていました。来週月曜日にも行く用事が2つあります。

なので、「いっそのこと堺東に事務所があれば便利なのに」と、ついつい考えてしまいました。

事務所を開業する時、堺市の司法書士事務所の分布図を作成しました。
堺市の地図上に、司法書士の住所がある場所に印を付けていきます。

すると、びっくりする位の割合で、司法書士が堺東に固まっていることが分かりました。堺市の場合、堺東に法務局・市役所・裁判所が固まっているので、それはそれで合理的な理由があります。

だから私は、堺東を避けて、三国ヶ丘に事務所を置くことにしました。
法務局の近くよりも、「お客様に便利な場所、自分たちが移動するのに便利な場所」。

堺東には電車でひと駅。雨でない限り自転車です。
自転車で15分程度で行けるので、いい運動(堺東→三国ヶ丘は上り坂)にもなります。

|

2018年5月18日 (金)

毎日成年後見の動きあり、そして

Dsc_kouken午前中は、堺市内の施設訪問。
後見申立の打ち合わせ。

同時刻の、金融機関での抹消書類受け取りは、岸野司法書士が担当。
抵当権抹消登記でも、ご本人の確認に気を配る理由は、「抵当権抹消登記を申請したものの、実はその人はすでに亡くなっていた」ということが後で発覚し、懲戒問題になる事例が一定数あるため。

そんな背景をご存じない周囲の方(依頼者も含みます)からすると、「司法書士は何を神経質になってるんだ」ということになるのですが。

午後からは、大阪市内。
被後見人さんの施設に定期訪問。

そんなことで、毎日、成年後見関係の動きあり、そして、法務局堺支局への行き来あり。「法務局堺支局への行き来あり」については、『明日に続く』ことにします。

|

2018年5月17日 (木)

机周り用の卓上扇風機を購入

300517_2今日は、堺市内で不動産売買の立会い。

自己破産申立のための打ち合わせ。

昨日、大阪本局に申請した商業登記は今日に、
今日、堺支局に申請した商業登記も今日に完了しました。

年度末を挟んで、完了まで時間がかかっていましたが、普通に戻った(それにしては早過ぎる)感じ。現状の「会社設立の登記を優先的に処理する」制度、こうなると、大した意味はありません。

机周り用の卓上扇風機を購入。

本当は、エアコンの風が全体に回るように、天井にファンがあればよかったのでしょうけど、今更そんな大掛かりなことはできないし、この時期の室温「28℃」は、真夏の「28℃」より暑く感じます。

扇風機をそれぞれの机の前に置いて、体感に合わせてオンオフの切り替えをすればよいかな、と。

|

2018年5月16日 (水)

プライベートで経験することの意味

300516今日は、朝8時に寝屋川。

7時過ぎに事務所を出て、被後見人さんの施設に寄って、医療保険証のお預かり。そのまま病院に向かって、転院の手続きです。

転院の手続きからは、ご家族も一緒。
後見人として単独で行動するのとは、負担が全然違います。

転院先の病院は、私の祖母が最期を過ごした病院。
こういうのは偶然ですが、プライベートと職務がリンクしている、というのはよくあることで、プライベートで経験することの意味を考えて、大事にしなければならない。それがいつかどこかで業務に生きるかもしれない。そういうことだと思います。

午後からも、他の被後見人さん病院の訪問。

あまりに暑いので、事務所に戻る途中、「リカリカ」(向陵中町交差点前)に寄ってジェラートの購入。気軽に買える値段ではないですが、それなりのお味です。

|

2018年5月15日 (火)

被後見人さん宛の郵便物の転送

Sakaihigashi_2一日の予定が定まらないうちにお電話が続き、バタバタと。

午前中は、金融機関で設定書類の確認。
オンラインで相続登記の申請。
オンラインで役員変更登記の申請。

午後からは、新規のご相談。
ご本人が居られないと解決しないということで、ご本人を呼んでもらい、ご相談を継続。

土地の保存登記のための評価証明の取得。
「土地の表題登記がされたばかりの土地の保存登記」というのも珍しいですが、役所では「近傍地」の評価を入れた、登記用の評価証明書を出してもらうことができました。

被後見人さん宅に届く、郵便物を転送してもらうための手続き。
「成年被後見人に宛てた郵便物等の配達の嘱託申立事件」について、審判が下りました。

感覚的には、少なくともご本人が入院されていれば、もっと簡易に転送を認めてもらえていいのではないかと思うのですが『審判』。確定を待って、期限は6か月に限ります。法律は、後見人だからといって、被後見人さん宛ての郵便物を開く権限はないと考えています。

|

2018年5月14日 (月)

トイレを見ると建物の程度が分かる

300514今日は、役員変更登記の申請。

午後からは大阪市内、被保佐人さんの施設訪問。
その前に、ご自宅に寄って、郵便物の整理。

1階の郵便ポストでなく、ドアの郵便受けに書類(郵便物と光熱費の明細)が放り込まれているのは幸い。

そのまま、他の被保佐人さんの件、電気屋さんでエアコン工事代の支払い。

そのまま尼崎市役所で、証明書の収集。
規模も大きくて、人も多いのに、建物が古いままなのが意外。大概、トイレを見ると、その建物の程度が分かります。

途中、たまたま東三国駅を通過。江坂のゴルフセンターを通過。
学生時代、自宅から離れた場所(新大阪)でバイトをしていましたが、今になっても、日常の行動範囲内。

一瞬にして懐かしい記憶が蘇って、それに対する今の自分の思いが、追記されていきます。

|

2018年5月13日 (日)

大雨なのでバスで移動

300513今日は車の定期点検。

雨の中、朝は車を預けて歩いて帰りましたが、夕方は堺市内、大雨洪水警報が出ていた程だったので、バスに乗って車を取りに行きました。

仕事中、例えば南海本線の堺駅に向かう時とか、スタッフはバスを使うこともありますが、私自身、長い間三国ヶ丘で仕事をしていながら、三国ヶ丘駅から南海バスに乗ったのは初めてかも。

「空車」のタクシーが、ゆっくりとバス停の前を通り過ぎて行った時には、気持ちが揺らぎかけましたが、せっかくの機会なのでとバスに乗車。

たまたまの待ち時間5分。時間通り来てくれたし、「結構便利」という印象です。

|

2018年5月12日 (土)

増え続けていく「紙」を整理

300512普段はできないこと。
机の周りの書類を整理。

古い事件ファイルはPDFにして、おそらく、紙の枚数では500枚位は廃棄の対象にしましたが、空いた収納スペースはごくわずかです。

書類も、業務上生じるものもあれば、「会報」「案内」「広告」の類も多いです。

会報も、司法書士会、行政書士会にFP協会。
司法書士会や行政書士会は、複数届きます。

見た時に「必要」「不必要」を選別していけばいいのですが(行政書士会のものは不必要)、「また後で~」と思っていると、机の周りのスペースが、どんどん侵食されていきます。

「必要かも?」と思った書類も、本当に必要になった時に探せないと意味がないので、そう考えると、インターネットの検索エンジンが、どれだけ便利なものか分かるものです。

|

2018年5月11日 (金)

外出時間が長くなる傾向

300511今日は、近所の金融機関には出向きましたが、珍しく外出の予定なし。最近は、何かと出掛ける時間が長くなっています。

出掛けていると、事務所の中に居るより早く時間が過ぎていくので、何となく仕事をした気になるのは、気をつけないといけないところですが、

その分、事務所の中で、スタッフがみっちりと事務仕事をしてくれる環境であれば、問題なしです。

ところで、三国ヶ丘駅の成城石井前では、週替わりでお店が出ていますが、今週は「ジョニーのからあげ」。なかなか美味しいです。

|

2018年5月10日 (木)

銀行に出入りする機会が増えた結果

300510管財事件になってる破産事件は、債権者集会。
裁判所の1階で待ち合わせして、今までのことを振り返りつつ、集会室の前で雑談。出て来られたらお疲れ様でした、と。付き添いだけです。

その前後に、市役所、法務局、銀行での用事。

市役所内にあるATMを利用して、被後見人さん関係の振り込み。
銀行支店での手続きは、口座の解約や取引明細の請求。
就任前から貸越状態になっていた口座は、定期の解約。

もろもろの手続き、とにかく時間がかかり過ぎるし、「取引店に行ってもらわないと手続きできません」では話にならないので、銀行業務のAI化には期待しかありません。

市役所の周辺では、堺市立消費生活センターの方が、オレンジ色の袋を配布。
司法書士が受け取るものではないのは分かっていたのに、「ペンだけでも使って下さい」と言われ、受け取ってしまいました。

|

2018年5月 9日 (水)

通勤ラッシュから距離を置く

300509朝から被保佐人さん宅を訪問。
通勤ラッシュの電車に乗って、大阪市内に。

事務所に帰ると、2分と経たないうちにアポなしで来客。
来客もそうですが、帰って来たところを「見られていたかのように電話が鳴る」現象も、結構あります。

過払いの和解交渉、訴訟なしで元金の全額回収で和解成立。
どこで決着を付けるかは、相手を見ながら、内容を見ながら。

念願だったシフォンケーキの差し入れ。
「REENO堺」は、テレビで放映されてから、予約をしないと買えない状況が続いている様子。

夕方は、再び大阪市内に出て、新規のご相談。
ご紹介者の事務所をお借りして、お話しさせてもらいました。

帰りは、朝よりも激しい帰宅ラッシュの電車に乗車。
特に「仕事する場所」を選べる自由業者としては、いかにして通勤ラッシュから距離を置くかは、人生の中で大きな問題です。

|

2018年5月 8日 (火)

固定資産税の納税通知書が届く

300508堺市内、全世帯同時ではないようですが、固定資産税の納税通知書が届いています。

発送元は、三国ヶ丘庁舎の固定資産税課。
近くの三国ヶ丘庁舎が稼働していることは、把握していませんでした。

各区役所内にある「市税の窓口」と、三国ヶ丘にできた「市税事務所」では取扱い業務が違うようですが、堺区に限っては同様とされているので、登記の申請が絡むことであれば、引き続き、堺区の「市税の窓口」を利用することになりそうです。

昨日は、府税事務所から、自動車税の通知が来ていました。

支払い時期が重なると大変なのが税金の支払いですが、「税金だから、遅れても大したことないだろう」と考えるのは間違いです。最近では、市による銀行口座の差し押さえによる回収も、ちょこちょこと見聞きしています。

|

2018年5月 7日 (月)

郵便物がドサッと到着

300507連休明け、郵便物はドサッと到着。

土曜日は配達があるのではないかと思ってましたが、調べてみたところ、普通郵便は4連休。昨年も同じような写真を載せていたことを思い出しました。それにしても、司法書士会からの郵便物、4件×3人分は罪な分量。

金融機関で、相続手続き。

大阪市内では、新規のご相談。
任意整理を受任。

市役所に、社会福祉法人の登記が非課税とするための「証明願」の申請。
登記の前提となる手続きですが、行政に提出する書類で難しいのは、事務所で書類を作成して、ご捺印をもらうことでは済まない部分。司法書士の登記でも、議事録を会社さんで作成されると、手続きの難易度が増します。

|

2018年5月 6日 (日)

室戸岬2

300506室戸岬の2日目は、あいにくのくもり空。
景色はイマイチなので、水着に着替えてスパで浮かんだ以外は、帰ることに専念でした。

11時前に宿を出て、堺に戻ったのは18時前。
途中、1時間くらいは「海の駅」「道の駅」「SA」で過ごしたので、実質の走行時間は6時間ほど。

垂水JCTでの事故渋滞がなければ、1時間位は早く帰れていたはずなので、「1泊2日では行けないけど、思っていたほどは遠くなかった」という感覚です。

室戸岬のことを、ウイキペディアでは、「知名度の割には、交通の不便さもあってあまり俗化されていない」「混雑や騒音には無縁であり雄大な光景を味わうには絶好の場所である」と書かれていますが、その通りの場所。
時間の流れが緩やかだったので、帰りの新神戸トンネルで、煽りながら走って行く車の量、スピードにビビりました。

走行距離は、1日目 鳴門到着時点で166キロ。
2日目 室戸岬到着時点で324キロ。
3日目 自宅到着時点で618キロ。

記録の限りで、1回の旅行では一番走ったことになります。

|

2018年5月 5日 (土)

室戸岬

Camerazoom20180505154859299四国の最南端、室戸岬に来ました。
鳴門から、休憩時間も入れて4時間程。

ずっと来てみたかった室戸岬。今まで何度か企画しかけては、距離を考えて断念してきましたが、今回は途中で鳴門に寄ることで行き道はクリア。帰りのことは、帰りに考えることにします。

室戸岬は地域全体が「ジオパーク」に指定されていて、独特の地形、自然が残されています。一方では、遊歩道が整備されていて、効率よく観光できるようにもなってます。

徳島市街の南向き、みんなどこに向かっているんだろ?と思うくらいの交通量が多かったですが、山道に入って少しずつ車が減り人も減り、電車が走っていない海岸線に入ると、一気に秘境感が増しました。

対岸に陸がない180度に開けた海を眺めて、のんびりさせてもらっています。


|

2018年5月 4日 (金)

グランドエクシブ鳴門

Camerazoom20180504160716874グランドエクシブ鳴門の「ザ・ロッジ」。
エクシブの会員権がなくても泊まれる棟で、受付はゴルフ場利用者と同じ。クラブハウスの上に、ホテルが付いてる感じです。

広い場内、シャトルバスが走っていて、大浴場は同じ。エクシブ棟のロビーは自由に出入りできるし、子供さん連れも多くて、思ってたほど敷居は高くない。高級車は多いですが。

鳴門までは淡路島縦走で、堺から3時間程。
阪神高速は渋滞対策で、湊川から神戸山手線に抜け、布施畑経由で来ました。

ネット上に出ていた渋滞情報では、『赤』が続く絶望的な状態で、明石海峡大橋~淡路SAまでは混んでいましたか、車が動かないような渋滞ではなかったので、意外とスムーズに来れました。「連休の淡路島には迂回路を利用」です。

|

2018年5月 3日 (木)

11年目のリビング改造計画

30050311年目の自宅リビング。
先週、テレビの角度を90度変えて、古い食卓を処分し、リビングを広く使えるようにしましたが、さらに「ユニット畳」12枚を入れて、和室風にしてみました。

本当の畳だと高くつくので、置き畳『カルピタ』という商品。
82センチ×82センチの12枚で2万円ちょっと。

敷きつめるには×2が必要ですが、い草の匂いがいい感じです。

今、新築の家のチラシを見ていると、全て洋室であったり、畳の部屋があっても「おまけ」程度だったりしますが、私の好みは逆。

旅行に行って泊まる部屋も、「和室」と「洋室」を選べるならば、基本「和室」。
畳の上でゴロゴロするのが好きなので、少しだけ雰囲気を近付けられたかな、と。

ちょっとした工夫で、過ごし慣れた空間を変えることができます。

|

2018年5月 2日 (水)

「連休の谷間」も普段通りに終了

Kanban午前中は、当日予約の相続登記のご依頼。
前回手続きさせていただいたデーターがあったので、「20分だけ」とお時間をもらって、ご捺印書類を作成。

しかし、急いで書類を作成する見落としが生じるので、通常は一旦お預かりし、「後日」とさせてもらっています。

午後からは茨木市。
被後見人さんの件で、地域包括支援センターで会議。
金融機関で調査。ご本人と面会。

出掛けている時間が長かったので、机の上がひっくり返ったまま。

そもそも休みにするつもりはなかったものの、「谷間だからと休みにすると、大変なことになっていたね~」というのが結論。

自由業なので、自分の気持ち次第で何とでも休みを設定できますが、結局のところ、「周りと合わせる」のが気楽。交代勤務みたいなことも、精神的に休まらないのでやらない、です。

|

2018年5月 1日 (火)

今日と明日は通常通り

300501連休の谷間ですが、今日と明日は、通常の営業。しかし、街中の人も車も少ないです。

私は、後見申立準備のために、施設を訪問。
「申立準備」というか、申立前から、本来であれば後見人としてやることを、事実上お手伝いしています。できないことは「できない」と言いますけど。今回は、選任の手続きが間に合わないので、「やむなく」というのが実情です。

家族さんがおられれば、「ご家族が事実上」という場面多々あるでしょう。契約行為でも、施設や役所は、「とりあえず本人の印鑑があれば」という、ルーズな面は残されています。

通り道だったので、東区役所で証明書の取得。

金融機関からの登記のご依頼、法人さんの訪問など、電話は少なくても、事務所の動きは通常通りです。

何でも「連休明け」と思っているとまた大変になるので、明日もできる限りのことをやります。

|

« 2018年4月 | トップページ