« 生活費は「口座で管理」が基本 | トップページ | 年金の複雑さと比例するはずのコスト »

2018年4月26日 (木)

オンライン化と紙の量の関係

300426午前中は、堺市内の病院。
後見申立の打ち合わせ。

そして、法務局で添付書類の補正。
法務局にはオンラインでデーターで送信し、添付書類は紙で出した登記の申請書類ですが、こちらが提出した紙に加えて、いろんな紙が法務局では出力されています。

「ペーパーレス化」が叫ばれる一方これが現実、ということを、補正の現場で知ることになります。

午後からも、堺市内に訪問。
生前贈与と遺言書作成の打ち合わせ。
税務が絡むので、税理士さんにも同行してもらいます。

一度事務所に戻って、再び外出。
登記完了後の権利証のお届け。

写真は、「向陵中町」の交差点。
かっぱ寿司の隣にあるジェラート屋さん「リカリカ」は、美味しいですが高級品。先週の日曜日、暑かった日は行列ができていました。

|

« 生活費は「口座で管理」が基本 | トップページ | 年金の複雑さと比例するはずのコスト »

司法書士の日常」カテゴリの記事