« 後見業務にアナログな大学ノートを活用 | トップページ | 会社設立のファストトラック化 »

2018年4月17日 (火)

後見人選任には一定の期間が必要

300417今日は、堺市内の病院訪問。
入院中の方の後見人選任手続きを進めるべく、ケアマネージャーさん、ケースワーカーさんと打ち合わせ。

「誰かがやらないといけないけど、誰もやる人がいない」という場面、あちこちであります。

後見人を選任するにも、一定の手続きと時間が必要なので、そんな中で、本来の業務ではないのに、善意で動いておられるケアマネさんと接すると、心が動きます。

午後からは、金融機関やハウスメーカーさんに、書類をお預かりに訪問。
個人再生の再生計画案を、裁判所に発送。
任意整理の全社和解がまとまったので、依頼者に報告。

|

« 後見業務にアナログな大学ノートを活用 | トップページ | 会社設立のファストトラック化 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)