« 地下鉄4駅分の非日常 | トップページ | 今日と明日は通常通り »

2018年4月30日 (月)

「一万円選書」を知って

300430本棚からあぶれて、「とりあえず」マッサージチェアの上に積まれた、最近に読んだ本たちですが、

4月23日のNHK『プロフェッショナル」で、「3000人待ちの本屋さん」が取り上げられていました。1万円分で、その人に合った本を選んでくれる「一万円選書」というシステム。

最初は、「他人に本を選んでもらってもな~」という目で見ていましたが、その人の読書歴、境遇、今までの人生経験などをまとめた「カルテ」で見極めて、選んでくれるというのは面白い。

選んでもらえた本は、店主からのメッセージだと受け止められそうだし、自分の足りない部分を補ってもらえる気がします。

私自身、一時と比べると読書量は減っていますが、自分の考え方の少なくとも2~3割は、読書が影響しています。それも、専門書とは違う、司法書士の仕事とは直接関係しない本です。

仕事で扱うベースは法律の専門知識かもしれませんが、もっと奥底にあるもの。いろんな人が書いた本、他人の考え方を自分の中に取り込むことで、モノの見方や考え方が身に付くものですし、人としての基礎的な部分が作られていく気がします。

|

« 地下鉄4駅分の非日常 | トップページ | 今日と明日は通常通り »

読書・映画の話」カテゴリの記事