« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

2018年4月23日 (月)

提案型の書類(レポート)の作成

Dsc_file午前中は、レポートの作成。

生前贈与については、ご家族や税理士さんとの打ち合わせ事項。
遺言書の原稿を起案。
被後見人さんについては、関係者との会議の打ち合わせ事項。

こういう提案型の書類は、普段の事務仕事のやり方。「スタッフに作ってもらって、私がチェックする」方法とは違い、私自身が行います。自分の中にあるモノ、集められた情報を、最大限に集約してまとめます。

午後からは、13時に鳳で、登記完了書類のお届け。
14時に、被後見人さん宅で、境界鋲復元の立ち会い。
15時には、大阪市内で被後見人さんの施設に訪問。

相変わらず出掛けている時間が長く、情報の整理にも時間を取られます。

|

2018年4月22日 (日)

事務所ある「緑」の存在

300422「パキラ」という名前の観葉植物。

事務所移転のお祝いにいただいたものですが、2階にあったのを玄関に持って来ようとして、大きく成長していることに気付きました。玄関に置くと、圧迫感が出そうなので、とりあえず階段のところに。

事務所の移転から、もうすぐ4年になります。

私がどなたかに花の贈り物をする時は、「後々育てていただけるもの」を意識して選ぶようになりました。もしくは、人工植物でもいいと思います。

華やかなものほど、処分しなければならない時が早くやってきます。手入れが面倒でもいけないし、「その時だけ」楽しんでもらうだけなのは、もったいないので。

何気なく存在してくれている事務所の植物ですが、司法書士事務所。「気」を使う空間なので、「緑」の存在は大事です。

|

2018年4月21日 (土)

東京日帰り出張(東京ブックマーク)

300421今日は、日帰りで東京出張。

駅前で後見人さんとお会いして(私は後見監督人の立場)、わずかな時間、皇居の周りをブラブラして。

せっかくの土曜日なので、いつもなら前日泊か当日泊で、ついでに遊んで帰るところですが、今回は時間的な余裕もなくて、とんぼ帰りでした。天気が良過ぎたので、このまま帰るのはもったいないなーと、少し後悔しましたが。

ところで、今回の新幹線代。

「東京ブックマーク」の日帰りプランは、電車の選択肢が極端に少なく、東京での滞在時間わずか2時間でしたが(もしくは、早朝便や夜間便の選択も可)、新大阪-東京間の「のぞみ」往復で19,400円と破格。グリーン車は片道1,500円プラスなので、普段は乗れないグリーン車に乗車。

そのために「2時間滞在」を受け入れたのですが、特別な空間で本を読んで過ごさせてもらい、これはこれで、時間の使い方としては「あり」でした。

|

2018年4月20日 (金)

予定が錯綜して変更の繰り返し

300420朝から堺支局に登記申請。
一旦事務所に戻って、富田林支局に登記申請。

夏のような日差しの中、「PLの塔」が鮮やかです。

金融機関への後見人就任の届出。
ゆうちょ銀行の場合、「口座番号が分からない」「通帳が存在しない」場合、センターを経由して段階を踏んで進めていくことになるので、時間がかかります。

午後からは予定や電話が錯綜。変更を繰り返しながら、3人で動き回ることになります。

大阪市内に出て、抵当権設定書類を受領しての、オンライン申請。
一昨日申請した設立登記が完了したので、登記簿謄本と印鑑証明書の取得。
登記情報、30数件を取得してのお届け。

個人再生の再生計画案は2か所で提出していますが、裁判所から届く修正指示が、「大阪再生物語」のひな型から外れていて、形式にこだわられる傾向を感じます。

|

2018年4月19日 (木)

茨木~高槻~寝屋川~交野

300419午前中は、事務仕事。

午後からは、茨木市。
市役所で評価証明書の取得、別件で、金融機関での相続手続き。

相続手続きは金融機関によっても基準が違いますが、「残高が10万円まで」ということで、配偶者からの申請で手続き可。

そのまま、高槻市に移動。軽自動車検査協会で、被後見人さん名義と思われる自動車の、車検証の再交付申請。被後見人さんらが自動車を所有しておられたのは初めて。処分方法の検討も、これからです。

そのまま、寝屋川市に移動。
被後見人さんの病院で、入院代の支払い。

そのまま、交野市の親戚宅。
何となく「同じ方面」ということで用事を固めましたが、効率良く回ってきました。

|

2018年4月18日 (水)

会社設立のファストトラック化

300418今日は、大阪本局に、会社設立の登記申請。

完了予定日は「5月2日」と、年度末から長い期間を取られたままで、依頼者の方も「それは困る」ということでしたが、3月12日から「ファストトラック化」という制度が始まっています。

株式会社と合同会社の設立登記については、優先的に処理してくれ、「3執務日内に完了」とされているので、期待して待つことにします。

ところで、話には聞いていましたが、オンラインの添付書類を提出する窓口。
「司法書士専用」のボックスができていました。

「司法書士代理の申請だから優先して処理」は無理だとしても、「オンライン申請だから優先して処理」ならば、オンライン化推進には役立つことと思います。

事務所では、完了した登記書類の整理、お見積りなど、事務仕事が詰まっています。
出掛けている時間が長くなると、事務仕事が溜まってきます。

|

2018年4月17日 (火)

後見人選任には一定の期間が必要

300417今日は、堺市内の病院訪問。
入院中の方の後見人選任手続きを進めるべく、ケアマネージャーさん、ケースワーカーさんと打ち合わせ。

「誰かがやらないといけないけど、誰もやる人がいない」という場面、あちこちであります。

後見人を選任するにも、一定の手続きと時間が必要なので、そんな中で、本来の業務ではないのに、善意で動いておられるケアマネさんと接すると、心が動きます。

午後からは、金融機関やハウスメーカーさんに、書類をお預かりに訪問。
個人再生の再生計画案を、裁判所に発送。
任意整理の全社和解がまとまったので、依頼者に報告。

|

2018年4月16日 (月)

後見業務にアナログな大学ノートを活用

Dsc_4740今日は、朝から茨木市。

被後見人さんの病院で、定期の面談。
そのまま市役所、また別の被後見人さんのご自宅を訪問と、予定を3つ重ねました。

午後からは、登記の申請など、事務仕事を整理してから、堺市内の被後見人さんの病院訪問。

成年後見業務の記録には、それぞれの被後見人さん用に用意している、大学ノートが大活躍です。日付、出来事と現金出金があった場合は、内容と金額を記載しています。

学生時代から振り返ると、大学ノートがルーズリーフになって、そしてワープロ、パソコンになった。

今になって、大学ノートに戻るとは思いませんでしたが、持ち運ぶこと、その場で記録すること、手帳の面積では書き切れないことを踏まえると、アナログな手書き。大学ノートが一番だ、という結論になりました。

|

2018年4月15日 (日)

グーグルマップでのチェックが必須

Dsc_5699今日は日曜日ですが、不動産売買の立ち会いで、堺市内ご訪問。
「仲介業者さんなし」の個人間売買のため、売買契約書に収入印紙を貼って、領収書もご用意してお持ちしました。

成年後見関係も含めて、個人のお客様宅にお伺いする機会も増えましたが、ポイントは2つ。

(1)阪和線や南海線の駅から歩けるかどうか
(2)車で行く方が便利な場所ならば、パーキングがあるかどうか

歩ける場所であれば、基本的に電車のほうが早いので、歩きます。
今日は、鳳駅から10分ちょっと。

一方、駅から遠い場所でも、パーキングがない場所は本当になくて、車を置く場所に困ることも多いので、初めて行く場合は、グーグルマップでのチェックが必須です。

前面道路が狭く、車で入りこむのに勇気の要る場所もあります。
出先で「ガリっ」とやったのは、一度や二度のことではないので、大きな車に乗ることはありません。

|

2018年4月14日 (土)

「大谷翔平の来た道-運命のドラフト」

300414アメリカに渡って、すぐに結果を出しているエンゼルス大谷翔平選手ですが、去年の12月30日に放送されていた、「大谷翔平の来た道-運命のドラフト」というテレビ番組を見ました。

日本ハムからの指名を拒否し、直接アメリカに行きたいと考えていた大谷選手や家族に、日本ハム栗山監督が話をした、という内容が印象深かった。

『もし大谷翔平の親だったら、ボクがマイナーリーグやメジャーリーグを取材している状況で、メジャーで活躍するためには、絶対に日本でやって、メジャー契約をして、アメリカに行くべきだ。評価を受けて、場所をもらって行かないと、なかなか日本人が行っても活躍しづらいんだ。
だから、日本ハムに来てくれという話は、ひと言もしていないし、大谷翔平の夢をかなえるために、オレだったらこうします、という話をした。』

世界は違いますが、我々司法書士らの士業でも、「難しい国家試験に合格しました」と言っても、社会では認めてもらえないのが現実。

一定期間、事務所で勤めさせてもらって、そして自分の事務所を開業する、というのが、一般的なルートです。少なくとも私の周りを見る限り、勤務時代に積まれた経験によって、その人が発揮できる専門性が、全然違ってくる気がします。

遠回りするようでいても、基礎を固めて、実力をつけて、羽ばたくための準備期間が必要であって、それが大事であるということは、後になって分かることです。

|

2018年4月13日 (金)

堺市中区役所に初めて出向く

300413今日は、8時半に堺支局で登記申請。
9時に堺東の銀行に用事があったので、居場所を求めてブラブラとしていました。

堺市役所に吸い込まれていく(出勤される)人々を見ていると、何か伝わるものがあります。

10時半には、堺市南区。
お客様宅に訪問し、金消契約に立ち会い。権利証をお預かり。

帰り道に、中区役所で証明書の取得。
中区役所に来たのは、おそらく初めて。堺市役所とはまた違う雰囲気が漂っています。

午後からは、贈与の登記申請。
個人再生の申立書類を完成させて、裁判所に郵送にて申立。

3月末に申請した登記は全て完結。ファイルに綴じ込み、ひと段落です。

|

2018年4月12日 (木)

優先順位や行動予定の変更

300412審判が確定した後見事件。
金融機関3か所に、預貯金の有無の調査と、存在が確認できた金融機関には後見人の届出。堺東周辺をウロウロしていました。

家庭裁判所には、「確定から1か月以内」に財産目録を提出することになっていますが、この時期、GWが含まれるため、実質の活動期間が短くなります。

午後からは、金融機関に設定書類のお預かりに訪問。

スタッフ同行で、スタッフはそのまま事務所に書類を持ち帰ってもらい、私はお客様宅でご相談。私が帰るまでの間に、登記の申請書類は整えてもらいます。

今週はずっと追われていて、やむを得ず、その場その場で、優先順位や行動の予定を動かしています。

|

2018年4月11日 (水)

「駅近」のメリットを実感できる日

300411今日は、9時に江坂まで書類のお届け。
そのまま、9時半に新大阪の被保佐人さん宅を訪問。

そのまま、大阪家裁で、後見の審判の確定証明を取って・・・という段取りを考えていましたが、大阪家裁が「確定証明は午後からにして欲しい」と言われるもので、別便に変更。

私は一旦事務所に戻って、14時には上新庄。
16時に事務所で打ち合わせ。

スタッフは、13時に大阪家裁で、後見の確定証明書を取得。
そのまま茨木市役所に向かってもらったので、阪急京都線沿線に2人がウロウロするという、チグハグなスケジュールとなりました。

こんな時に思うこと。何度も書いていることですが、事務所が「駅近」であることの便利さです。出たり入ったりの中で、駅までの移動時間が短い&三国ヶ丘駅で2路線を使えるのは、仕事をする上で大きなメリットとなります。

|

2018年4月10日 (火)

法務局閉庁後の時刻に完了メール

300410午前中は、新規のご依頼。
消滅時効の援用の手続きを受任。
並行して、信用情報の調査も進めてもらいます。

続いて、自己破産申立のための打ち合わせ。

根抵当権の変更登記7連件が完了したため、午後からは、豊中~伊丹方面に書類のご返却。

伊丹空港。街中にいると「こんなに近くに飛行機が!」と驚くような近さで飛んでいますが、空港の真横に来てしまうと、意外と遠くに感じて残念でした。

4月2日に、大阪本局に申請した商業登記。
完了予定日が13日と、かなり長い期間を取られていましたが、法務局が閉まっているはずの時刻、18時40分と42分に、立て続けに完了させてくれました。「法務局も残業してやってくれてるのね~」と勝手に解釈して、喜んでいます。

|

2018年4月 9日 (月)

個人再生は家計表での説明がポイント

300409今日は、堺市内訪問。
金融機関の金消契約の場に同席させてもらって、権利証のお預かり。

車で行くよりも電車のほうが時間が確実…と、電車&徒歩を選択しましたが、「環状線内で多くのお客様が利用されたため」という理由で、阪和線も遅延。そうだった、今日から学生さんが新年度だったんだ、と気付きます。

夕方の定期券売り場でも、お母さんに付き添われた学生さんが、列をなしていました。

入学式とか卒業式って、学生本人にとっても大きなイベントですが、親にとっても感慨深い区切りの行事なのだと、そんな目で考えられる年齢になりました。

午後からは、大阪市内で個人再生の打ち合わせ。
個人再生の一番のポイントは、家計表で履行可能性を説明できるかどうか…ということで、数か月かけて家計の状況を見させてもらっていましたが、やっと落ち着いて来られたので、申し立てへと進みます。

多くの方に見られる傾向として、「お金が余分に入って来たら、その分出て行ってしまう」という現象があります。ボーナスが入る月、児童手当が入る月など、臨時収入が入る月が含まれると、そのまま「生活費」として出て行き、「毎月返済していけます」という説明が難しくなることがあるので、そういうものなんだという前提で、お手伝いさせていただくほうがいいです。

|

2018年4月 8日 (日)

高齢者と電力自由化による契約変更

300408関西電力からの郵便物で、「電気とガスをガッチャンコ!!」のキャッチコピー。

電気とガスをセットで契約した場合、年間10,999円安くなる、という数字が出ていました。申込書と、細かい字で書かれた重要事項説明書も同封されています。

「電力自由化」について、日頃から問題だと思っている理由に、私が保佐人をさせてもらっている方がお二人、私が知らないうちに、契約変更されていたことがあります。

「誰が契約したのですか」と事業者側に電話で聞いたら、「個人情報なのでお答えできません」って。

料金に大きな差はないと思うので、追及しなかったのですが、電話会社による契約変更もありました。

「何もしなくていいですよ」と言っても、「変更しないといけない」と思い込まれてしまうと、わかってもらえない。結局、周りの方が、変更の手続きをされていました。

どこかで規制しないと、「やった者勝ち」になってしまいます。

|

2018年4月 7日 (土)

お店や会社の掃除と経営状態の関係

300407土曜日で来客もなかったので、玄関のタイルを掃除。

専用のブラシでこすって、水で流すだけですが、ガラスのコーティングをしてもらっているので、簡単にきれいになります。きれいになると、純粋に気持ちがいいです。

何度も書いていることですが、私はひとつの仮説を持って、物事を眺めています。

お店でも会社でも家庭でも、「経営がうまくいっている場所は、掃除が出来ている」ということ。

しかし、「掃除をすればうまくいく」という単純なことではなく、細かいことに気付けるか気付けないかの違い。気持ちの余裕があるかどうかで、自然と結果が分かれていく、ということではないかと思っています。

そんなことで、私自身は、「ついつい後回し」にならないよう、意識して事務所の掃除をするようにしていて、掃除をしておくのが自然だと思えるような精神状態を保てるように、という思いでいます。

|

2018年4月 6日 (金)

私のスケジュールは全員で共有

Kanban私のスケジュール管理は、事務所でやっています。

共有しているエクセルの予定表は、手作り。
仕組みは原始的なのですが、予定が空いている時間は、私に確認することなく、勝手に予定を入れていいことにしているので、電話に出た者に伝えてもらえれば、私とのお約束は成立します。

もう長い間、こんなスタイルでやっているので、私にとっては普通なのですが、逆に、私がどなたかとお約束する時は、「先生とか社長に直接言わないといけない」と思うので、少数派なのかもしれません。

「○○さんから電話鳴ってたけど、どんな話だったの?」
「来週のこの時間に、打ち合わせに来られます」

ちょうどそんなやり取りをしていたので、うちの事務所のやり方、書いてみました。

|

2018年4月 5日 (木)

それでも「満車」が多い三国ヶ丘周辺

300405たくさんコインパーキングがある三国ヶ丘駅周辺ですが、それでも「満車」のことが多くて、「なかなか停められませんでした~」と、言われることも。

引き続き、「三井のリパーク」か「タイムズ」であれば、駐車券をお出ししています。特に「タイムズ」はあちこちにありますので、来て下さる方には、どこかに空きがないか、探していただくようお願いします。

さて、今日は、FAXで届いた文書を自動でPDFに変換できるよう、システムを再設定してもらいました。

FAXによるDMは、受信する側でカウンター料金を負担しなければならない、迷惑な広告方法なのですが、それでも毎日のように流れてきます。

お客様とのやり取りでも、「FAX送信」ではなく、「PDFでメール添付」が増えているので、余計に違和感。これで、印刷される前に、破棄できるようになります。

|

2018年4月 4日 (水)

メインの取扱い業務の見極め

Dsc_annai消滅時効援用の手続きを受任。
ここまで、2か所の事務所に相談に行かれた、とのことでしたが、少なくともホームページを見て行かれるのであれば、何をメインにしている事務所なのか、見極めが必要です。なかなか難しいことですが。

うちの事務所でも、ホームページに全く書いていない業務に関するお問い合わせ、時々あります。極端な例では、「風俗営業の許可」であったり。

司法書士と行政書士の区別自体、難しい面がありますが、同じ司法書士でも、日頃やっていることは意外なほど違いますし、考え方も違います。行政書士になると、もっと違います。

いずれにしても、継続して取り扱っていないと分からないこと、見えないことが多々あるのが、士業の世界です。

その他は、事務仕事。
任意整理の返済計画と、和解案の作成。
夫婦間贈与の見積書の作成。
自己破産の申立書類は、「具体的事情」の入力と不足書類のチェック、など。

|

2018年4月 3日 (火)

「仕事の切れ目がない」のは幸せなこと

Denwa今日は、ほぼ電話が鳴らない日。
年度末で、登記案件がひと段落着いた流れで、昨日今日と穏やかです。

とはいえ、債務整理も成年後見もあるので、「仕事の切れ目」がない、というのが事務所の特徴でもあります。幸せなことでもありますが、電話が鳴らなくても、事務所の中では一日動きまわっています。

スタッフに、「何かやることないですか?」と言われたこと、今までに何度かあります。

「仕事がないよ!」と言われるのは、事業主としてはショックなことなので、「言われないようにしなければ」ということと、「言わなくても仕事を見付けてもらえるように」という意識は持っています。

私は、こちらからご連絡して、動かしていかないといけないことがあるので、次の段階に進めるべく、ちょこちょことご連絡させてもらっています。

|

2018年4月 2日 (月)

4月1日から変更になったこと

300402今日は、新規のご相談1件と、「3月31日」を原因日付とする、会社さんの変更登記の申請が3件。年度が変わったことによる、固定資産評価証明書の申請は10件。

司法書士の業界内では、社会的な影響力が大きいと思われる、三菱東京UFJ銀行の社名変更の登記。朝一番に登記申請が入って、11時過ぎに見た時には完了していました。

パナホームは、「パナソニックホームズ」に社名変更となりましたが、創業者は松下幸之助さん。なので、「パナソニック」になるのは、自然なことなのでしょう。

また、「関西みらいフィナンシャルグループ」ということで、関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行が経営統合。

りそな銀行、近畿大阪銀行については、住宅ローンのある方が個人再生の申立をする場合、「カードローンがなくても、普通預金口座を凍結する」という扱いを受けていましたが、上記3行についても同様の扱いになるのか、気になるところ。

司法書士業務に直結することでは、相続登記に関する登録免許税の改正、法定相続情報証明についての記載事項についての改正がありました。

|

2018年4月 1日 (日)

「メナード青山リゾート」

300401年度末を乗り越えたところで、メナード青山リゾートに行ってきました。

「今週末なら行けそう」「天気良さそう」
予約をしたのは、直前です。

三重県伊賀市。近鉄電車の伊賀神戸から、送迎バスなら30分の距離にありますが、堺から名阪国道経由で2時間。結構細い山道や民家の前を抜けて、それでいて結構遠いところに来た感覚でした。標高は600メートル。

複数の宿泊施設あり、温泉あり、ゴルフ場ありの、広大(100万坪らしい)なリゾート施設です。

部屋の中に温泉が引かれていたので、チェックイン前に大浴場に入って、部屋の風呂には5回入って、結局チェックアウトまで部屋の外に出ず。

静かな山の中で、心身の状態をリセットして、また明日から現実に戻ります。

|

« 2018年3月 | トップページ