« 相続登記と空き家の3000万円控除 | トップページ | 「みんな一緒」じゃないのはケアマネさんも同じ »

2018年3月22日 (木)

「親族の同意書」が関係回復の機会に

Dsc_6486今日は、被保佐人さん宅の定期訪問。

病院で寝たきりになられそうだったところ、自宅に戻られて、短い距離でも自力歩行できるところまで回復されています。自宅に戻られることは、病院には反対されていたことでしたが、寝たきりになられるかどうかの違い、紙一重なのだと思います。

午後からも、後見関係で病院訪問。

親族調査の結果、約50年ぶりに親族で会われることになりましたが、後見申立に必要な「親族の同意書」が、『ご家族』の関係を取り戻される、きっかけになりました。

それと、事務所に戻って、相続登記完了後の不動産売却の打ち合わせ。

キチキチのスケジュールだったので、夜、間に合わなかった郵便の投函に本局まで。
遅れている事務仕事は、「明日の朝」にということにして、そのまま帰宅。

|

« 相続登記と空き家の3000万円控除 | トップページ | 「みんな一緒」じゃないのはケアマネさんも同じ »

司法書士の日常」カテゴリの記事