« 何を楽しみに仕事しているんですか? | トップページ | 月曜日の朝に電話が続く理由 »

2018年3月18日 (日)

「一流の頭脳」

300318「一流の頭脳」(アンダース・ハンセン著)

どんな業界でも、一流で活躍する人には、一流なりの考え方や習慣があります。私自身はそんなことをイメージしているので、思考法の分析本だと思って手に取りましたが、違いました。

著者は精神科医。
脳の機能を上げるにも、ストレスに強くなるにも、うつ病の改善にも、それと認知症の予防にも、創造性を増やすのにも運動。それも有酸素運動で、ランニングが効果的である、ということが、繰り返し書かれていました(同じことを繰り返し書き過ぎて、くどい傾向あり)。

精神疾患と天才の差とか、体力と報酬の問題なんかも、ほるほどな~と。

私も元々は運動の習慣があって、結婚してからもジムに行ったり、ゴルフを習いに行ったりしました。ゴルフの予定が入ると、歩いて通勤したりするので、自然と身体を動かす時間が増えるのですが、最近はめっきりと減りました。

椎間板ヘルニアになった時も、体幹を鍛えて治す、ことで乗り切りましたが、その後もついつい後回し。

しかし、科学的に効果が証明されているのであれば、体調を整えるためにも、これからは意識して身体を動かす時間を作ろう、と。そう思わせてもらえる本です。

|

« 何を楽しみに仕事しているんですか? | トップページ | 月曜日の朝に電話が続く理由 »

読書・映画の話」カテゴリの記事