« 相続放棄と「ひっかけ」問題 | トップページ | 「温泉に入ろう。」 »

2018年3月 9日 (金)

マイナンバーと登記簿の関連付け?

300309_3今日は、「外出なし・来客なし」の珍しい一日。
電話もほとんど鳴らなくて、平和な一日でした。

とはいえ、16日以降からは追われるのが目に見えているので、嵐の前の静けさ。こんな時に、「急がないけど手間がかかること」を進めています。

ところで、今日の読売新聞朝刊に、「土地マイナンバーで管理・政府検討」の記事がありました。

『所有者不明土地に歯止めをかけるため、政府は登記簿や戸籍などの関連データをマイナンバーで一括管理することを検討している』とのことです。

しかし、現状は、登記の際に提出する住民票は、「マイナンバーの記載なし」を求められています。古い住民票のデーターが破棄されていたりして、登記簿上の人と申請人が「同一人物であること」を証明するため、添付書類に苦慮することもしばしばです。

また、「所有者不明土地」は、古くに登記された土地に関する話なので、今からマイナンバーとひも付けしたとしても、解決するとは思えません。そんなことで、現実問題として難しいように思いますが、短期間に制度がコロっと変わっていく可能性がある時代、であることは実感しています。

|

« 相続放棄と「ひっかけ」問題 | トップページ | 「温泉に入ろう。」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事