« 振り込みがある都度知らせてくれるメール | トップページ | マイナンバーと登記簿の関連付け? »

2018年3月 8日 (木)

相続放棄と「ひっかけ」問題

1467885198966_2今日は、地裁堺支部。
管財事件になった自己破産の、債権者集会に同行。

「生活保護受給開始→不動産売却」後の自己破産申し立てで、手元に残ったお金をどうすればいいのか。非常に悩んだ事例でした。

相続放棄の手続きは、2件が完結したため、債権者に受理通知書のコピーを送付。

大阪管轄のほうは、最近の傾向で、家庭裁判所からの照会書なしで受理。
遠方の管轄のほうは、家庭裁判所の照会書の内容がとても細かくて、相続財産を取り崩していれば明らかになるような、「ひっかけ問題」も含まれていました。

親は、子供が嘘をついていれば分かります。
私も、依頼者の方が嘘をついておられることを、分かることがあります。

「ひっかける」ようなことはしたくなくて、知らないで済むことであれば、知らないで済ませたいですが。

|

« 振り込みがある都度知らせてくれるメール | トップページ | マイナンバーと登記簿の関連付け? »

司法書士の日常」カテゴリの記事