« 公正証書遺言「正本」「謄本」の保管場所 | トップページ | マイナンバーは相変わらず中途半端な存在 »

2018年2月20日 (火)

蓄えは「生活の質」を上げるために使う

300220今朝は暖かい。
朝の日差しの角度も、変わってきた感じがします。

今日は、被保佐人さん宅の定期訪問。
ヘルパーさんからの提案もあって、加湿器を入れました。給水の加減がどうなのか気になっていましたが、うまくいっているようでよかった。

後見人・保佐人は「資産を蓄えること」が役割ではないので、生活に余裕があるのであれば、「生活の質」を上げるために使ってもらうのが理想です。

午後からは、事務仕事や電話対応。
「○○さんからです」という掛け声に、いかにして対応するか。

「少々お待ち下さい」の「少々」が長くなると、相手を待たせることになるので、普段から資料を取り出しやすいところに置いておくとか、パソコン開けたら情報が分かるようにしておくとか。

言われなくても(これは難しいですが)周りの人がファイルを届けに行くとか、見えないところでそんな動きをしています。

|

« 公正証書遺言「正本」「謄本」の保管場所 | トップページ | マイナンバーは相変わらず中途半端な存在 »

司法書士の日常」カテゴリの記事