« 「先生も営業に行かれるのですか?」 | トップページ | 公正証書遺言「正本」「謄本」の保管場所 »

2018年2月18日 (日)

「残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方」

300218「残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方」(江上治著)

『5%』という数字の根拠として、日本で「年収1000万円以上」の人が4~5%。「5,000万円~1億円の純金融資産」を有している層も5%なのだそう。

この本では、FPである著者が、統計資料も紹介しながら、「うまく行く」人が何を考え、どんな行動をしているのか。それを元に、どうしていけばいいのかを書かれています。

こういった本、本当は20代の時に読んでおけばよかったのでしょうけど、若い時は何も考えていなかった。私自身は行き当たりばったりで、「人生計画」とはほど遠い道を歩んできました。

それはともかくとして、著者が言われていることはよくわかるし、共感できる話が多かったです。

ところが、成功した人の話は、「後付け」であることも多いので、同じことをしたから成功するというわけではないし、起業することが全てではない。『成功者』として紹介されている人が、この後どうなるかも分からない。そういう部分も、含んでおかないといけないです。

|

« 「先生も営業に行かれるのですか?」 | トップページ | 公正証書遺言「正本」「謄本」の保管場所 »

読書・映画の話」カテゴリの記事