« 大阪発小田急ロマンスカーの旅3 | トップページ | 国民年金の支払いと親の思い »

2018年2月13日 (火)

司法書士業務と持ち分の分数計算

Yubin3日間事務所を空けていたので、金曜日の午後にお受けしていた案件、土曜日に届いていた郵便物の整理からスタート。

戸籍謄本の収集、登記用の評価証明書の請求などは、複数の案件が同時並行しています。
また、被後見人さんらが入所されている施設、介護用品の会社さんからの封書。請求書や領収書などの郵便物も多いです。

今日、一番時間を費やしていたのは、相続登記の持ち分の分数計算。

分数の計算は、小学校で習うことなのか中学校で習うことなのか分かりませんが、小さな頃の基礎学力がこんな所で問われるとは?という内容でした。

「どこの大学を出ている」とか、そういった頭の良さと仕事ができることは、直接関連するとは思っていませんが、学校の勉強に限らず、どこかに基礎があるかどうか、また、それを応用して使えるのかどうかを問われている気がします。

|

« 大阪発小田急ロマンスカーの旅3 | トップページ | 国民年金の支払いと親の思い »

司法書士の日常」カテゴリの記事