« 付き添いありお子さん連れもOKです | トップページ | 「残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方」 »

2018年2月17日 (土)

「先生も営業に行かれるのですか?」

Panfu「先生も営業に行かれるのですか?」の他、「こうやって営業したらいいよ」と言ってくれる方もおられます。

ところが、私は、世間一般で思われているような営業活動をしたことがなくて、お酒のお付き合いもしなければ、「年末年始のご挨拶」も行かない(行けない)。

例えばご紹介してもらっても、「別にあなたに頼みたくないんだけどね」という空気を感じ取る時が嫌。「頼んであげるよ」という関係も嫌です。「頼むけど紹介料ちょうだい」もお断り。

自然な姿勢で接して、それでも頼んで下さる方のお仕事をさせてもらうのが理想。私のことが嫌な人は、自然と離れられていくでしょう。とはいえ、慢心が禁物であることも分かっています。

だから、せめて毎日ブログを書くくらいのことはやろう。
それで仕事がなくなったら仕方がない。それくらいはできるでしょう。

心掛けはそれだけではないのですが、ブログはそんな思いで続けています。

|

« 付き添いありお子さん連れもOKです | トップページ | 「残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方」 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)