« 狭い事務所の中で環境を変えてみる | トップページ | 年に一度の司法書士会への業務報告 »

2018年1月22日 (月)

「費用はいくら?」のお問い合わせ

Camerazoom20180122185328225新しい配置になった受付カウンター。こうやって写真を撮って、お客様から見られたらどうなのか、と考えています。

午前中は、堺東。
堺の法務局では完了した登記の書類回収と、年金事務所では保佐人就任の届出。

年金事務所での届出、1人待ちなのになかなか進まず、「相談は予約制なので」「いえ、相談ではなく届出ですよ」という会話を交わして、結局、待ちきれずに何もせずに帰ってきました。

役所でも、隣の係の人はヒマそうにしているのに、その係は手が回らなくなってる、という光景は見掛けます。窓口を分けるのは、自分たちの都合なのか、利用者のメリットのためなのか。そこを考えないといけないところ(後日追記:年金関係の届出だけであれば、街角年金相談センターが便利です。特に、朝早く行くと空いています)。

午後からは、金融機関に書類のご返却。

事務仕事では、個人再生の家計表のご確認、相続登記の捺印書類のご郵送。

お問い合わせの電話も続きます。
「費用はいくら?」のご質問には、まず頼もうとされていることが何なのか、そこからお聞きしていかないと分からないので、一言で「いくら?」のお答えはなかなか難しいです。お電話での問い合わせには限界がありますので、「まずは事務所にお越し下さい」とお伝えし、「じゃいいわ」となれば、それまでだと考えています。

|

« 狭い事務所の中で環境を変えてみる | トップページ | 年に一度の司法書士会への業務報告 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)