« 郵便配達の時刻で段取りが変わる | トップページ | 「提携事務所」という言葉への抵抗と違和感 »

2018年1月17日 (水)

個人再生:数字と向かい合うのは依頼者と同じ

300117今日は、朝の時点で時間指定の予定なし。

商業登記3件をオンラインで送信して、行政書士の職務上請求があったので、自分で堺東に。

市役所で、相続放棄と遺言書作成に必要な戸籍の収集と、通帳記帳。市役所にATMがある金融機関、何気に便利です。法務局では、オンライン申請した添付書類の提出と、不動産登記の完了書類を回収。

写真は、解体工事中のジョルノ。随分と高さが低くなりました。

午後からは、事務仕事。

個人再生は4件程並行して進行していますが、家計表を読み解いて、履行可能性を説明する部分。依頼者の方に書類を揃えてもらって、いずれも最後の詰めの段階に来ています。

家計表を作ってもらうまでは、依頼者と足並みを揃えられるかどうか。書類を整えてもらった後は、専門家として数字を読み解くパワーが必要なところですが、立場は違っても、数字と向かい合うのは同じです。

|

« 郵便配達の時刻で段取りが変わる | トップページ | 「提携事務所」という言葉への抵抗と違和感 »

司法書士の日常」カテゴリの記事