« 不動産との出会いは唐突に | トップページ | 休日の早出で遅れを取り戻す »

2017年12月 1日 (金)

会社名や店名が読めないデメリット

Sakai「1日」の「大安」ということで、会社設立の登記。
午前中は定款認証。その他書類が整ったので、午後からは法務局に書類の提出。

堺の法務局。最近は書類を提出した当日に中身を見てくれているようで、今日も当日に電話。

法務局からの電話は、良い用件でかかることはなくて、一瞬のうちにいろいろな可能性を考えますが、「会社名の読み方を教えて下さい」でした。

今回の会社さん、読めないことはないと思いますが、個人の名前に読めない漢字が増えていることに比べると、会社名で読めないケースは少ないです。

「名前が読めない」ということが、事業(仕事)をしていく中でデメリットのひとつになることは、会社名で考えると想像しやすいのでしょう。こだわりよりも、覚えてもらいやすさです。

|

« 不動産との出会いは唐突に | トップページ | 休日の早出で遅れを取り戻す »

司法書士の日常」カテゴリの記事