« 司法書士の広告宣伝の目的とは | トップページ | 株式会社にあって有限会社にはない役員任期 »

2017年12月10日 (日)

「京都大学 宇治おうばくプラザ」

20171210今日は、京都司法書士会主催の研修。

京橋から京阪電車で中書島。中書島で宇治線に乗り換えて黄檗まで。「京都大学宇治おうばくプラザ」です。

日曜日に「遠方までわざわざ」ですが、リーガルサポートの研修単位、最短で揃えるために。それと、こんな機会でもないと、京都大学の敷地に足を踏み入れることはないだろう、というのもありました。

研修の科目にあった、外部の有識者による、「法人業務適正検討有識者会議から見たリーガルサポート」は、司法書士に対する厳しい指摘。

先週の日曜日、「貴乃花親方」の話を書いてから1週間経っても、メディアの騒ぎは納まりませんが、日本相撲協会は「公益財団法人」。リーガルサポートは「公益社団法人」。

同じ「公益」を名乗りながら、閉鎖的な村の中にいると、その世界のルールが普通になりますが、世間から見たらどうか?ということも並行して考えないといけないのだと、重ね合わせて考えていました。

|

« 司法書士の広告宣伝の目的とは | トップページ | 株式会社にあって有限会社にはない役員任期 »

司法書士の日常」カテゴリの記事