« 不動産業者からの「売りたい」DM | トップページ | 和歌山本局の豪華さに圧倒 »

2017年11月 8日 (水)

預貯金相続手続きのご依頼方法

20171108朝から、被保佐人さんの定期訪問。
そのまま、売買の買主側司法書士さんに書類のお届け。

そして、そのまま大阪家裁で保佐申立の面接になるかもしれない。そうなると、15時過ぎまで事務所に戻れないことになる…という厳しいスケジュールの中、時間が余ったので、一旦事務所に帰還。

食事時間も含め、1時間半の間に、郵便物の確認。書類が整った会社さんの変更登記の申請。明日の売買の書類を準備。

改めて大阪家裁に向けて出発。
「保佐」の申し立て面接は、参与員さんの形式的な質問に加え、調査官の面接が入りますが、今回は私を含めた協力者同席の場で。ご本人の意思を確認するため、「他の人は席を外すように」と言われるケースと、半々くらいでしょうか。

事務所に戻ると、当日予約の新規のご相談。
遺産承継業務を受任。

預貯金の相続手続き。書類収集&提出の事務代行だけのご依頼も可能ですし、遺産承継手続きの委任状をいただいて、預貯金の解約代金をお預かり&分配までさせていただく方法でのご依頼も可能です。

|

« 不動産業者からの「売りたい」DM | トップページ | 和歌山本局の豪華さに圧倒 »

司法書士の日常」カテゴリの記事