« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

不動産との出会いは唐突に

Sdsc05440朝から、堺東の用事。
自己破産の申立、完了した登記書類の回収。

月末ということで、司法書士スタッフは、他の事務所さんの応援で不動産売買の立ち会い。

午後からは、会社設立書類へのご捺印に訪問。

不動産購入希望のお客様と打ち合わせ。
関係者各位で現場に行って、夢を見ていました。

不動産の購入。
私自身、新聞の折り込みチラシがきっかけになったこともありますが、チラシに出ている物件が全てではないので、業務上で必要な時は、仲介業者さんにお願いをして、レインズの検索をかけてもらったりします。

不動産との出会い。運命の出会いは、唐突にやってきます。

|

2017年11月29日 (水)

分厚くなる自己破産の申立書類

Syorui朝から「さあ机の上の仕事を」と思ったところ、予定外の呼び出しで出動。土地家屋調査士さんに書類をお届けして、後は直接やり取りしていただくことに。

午後からは、大阪市東淀川区。
完了した登記の書類をお届けしてから、別件の登記申請書類のお預かりに訪問。

必ずしも「月末」にこだわる必要はないものの、何とか月末までにと考えていた自己破産の申立は、ご夫婦2人分が整ったので、明日申し立てに。

個人事業者並みの分厚さになるのも、金融機関のカードローンでの借り入れが多くて、通帳が何冊にも及んでいるのが原因でしょうか。

通帳が多くなると、お金の動きも複雑になり、読み解くのも大変ですが、イコール、お金の管理、返済の管理も大変だったことが窺えます。

|

2017年11月28日 (火)

異業種交流会とか懇親会とか

20171128_2今日は、貝塚で打ち合わせ。
過去に泊まったこともある温泉施設も通過して、すっかりと山の中。のどかな雰囲気でした。

午後からは、税理士さんに事務所に来てもらい、相続税申告のこと、贈与税申告のこと、2組のお客様と順番に打ち合わせ。

午前中も他の税理士さんに同行で、その場で行政書士さんに電話で質問したり、いろいろな専門家のお力を借りて仕事をしている日常です。

一方で、私は、異業種交流会、士業や経営者との集まりとか、全く興味がありません。
「忘年会も多いんでしょ?」と聞かれることもありますが、元々お付き合いでお酒の場には行かないので、とても楽です。

お仕事をお願いできる方との関係は、自然とできていくものなので、お酒の場で使える時間とお金があるのであれば、自分の本業に注ぎたい。それと、早く寝たい。単純にそう思っている人間です。

|

2017年11月27日 (月)

下請より元請。風下より風上で

20171127午前中は、不動産売買書類の事前確認。
仲介業者さんと、売主さん宅のご訪問です。

午後からは、金融機関の方を交えて融資の打ち合わせ。
司法書士は、金融機関の融資が実行されて、抵当権の設定登記をするのが業務。その前提として契約に立ち会いさせてもらうこともありますが、今回は申し込み段階から。

不動産の売却でも同じですが、代金決済の日が決まった後に知らされて、登記の時点から関与させてもらうのと、「これから売却を考える」「これから購入を考える」段階のお客様と接することができるのと、立場が全然違ってきます。

空いた時間を使って、岸和田市役所に。
「行く」と決めてから、車検の代車だったことに気付きましたが、代車だから「止めとこう」よりも、「せっかくの機会を楽しもう」でした。

|

2017年11月26日 (日)

宿泊に株主優待券を使う

20171126六甲山ホテル。
年末の閉鎖で経営者が代わるようですが、それまでは「阪急阪神第一ホテルグループ」の運営です。

今回は、阪急阪神ホールディングスの株主優待を使うことで、基本室料から30%引き。2人で1万円以上安く泊まれました。

夏に行った直島の「ベネッセハウス」も、ベネッセホールディングスの株主優待を使って30%引きで泊まっていますが、いずれも株主優待を使うことを意図して株を持ちました。

株を持たなくても、金券ショップやオークションで株主優待券を仕入れることで、同じメリットを受けられます。

株主優待は、企業から届くお中元お歳暮のようなもので、いつ変更や廃止になるか分かりませんが、

上場企業の株を持つことで、宿泊施設や飲食店なんかでも、どこの店がどの会社が経営をしているかとか、どこが系列だとか、そんな情報を取り入れる部分ではアンテナが高くなります。

「楽しみ9割」ですが、どこかで仕事に役に立てば、それと、多少なりとも生活が豊かになれば、という世界です。

|

2017年11月25日 (土)

六甲山ホテル

20171125_1六甲山(兵庫県神戸市)に来ました。

六甲山ホテルは、標高768m。六甲山上にあるホテルで、「いつか行きたい」と思っているうちに、12月31日の閉館が決定。ちょうど、割引で泊まれる「阪急阪神ホールディングス」の株主優待が届いたので、直前の予約でした。

開業は昭和4年(営業中の新館は昭和37年)だそうで、レトロな雰囲気が漂っています。しかし、清潔感があるので、古さは気になりません。堺の自宅から1時間ちょっとですが、遠くの山小屋に居るような雰囲気。

残念ながら海側の部屋が空いてなくて、山側の眺望が「木」なのですが、レストランや屋上からの夜景は楽しめました。

こないだも書きましたが、若い時は、わざわざ夜景を見るために、夜の山道を走りに来ていたものです。

中年になった今でも、わざわざ近くの山に泊まりに来ているのですから、やっていることは大して変わりません。

|

2017年11月24日 (金)

「印鑑の発注」もお客様の手間のひとつ

Nagare_2休みに挟まれた金曜日ですが、普段通りの平日でした。

午前は被保佐人さん宅を訪問し、生活費のお届け。
それと、自己破産申立のための最終の打ち合わせ。

遺産承継業務の最終段階まできた案件は、相続税の納付。
税理士さんに納付書を送ってもらって、預り金から出金。お客様の名前で納付します。

準備中の会社設立の手続きでは、お客様に頼まれた印鑑の発注。
印鑑の材質などにこだわられる方であれば別ですが、できることを代わりにさせてもらえれば、お客様の「ひと手間」が省けます。

午後は、金融機関の方と、お客様の代わりに融資の相談。

債務整理を業務としている手前、10%を超えるような高利のローンには関与すべきでないですが、住宅ローンや事業用のローンなど、「借入できるのかな?」という相談のニーズはあって、受付できるのかどうかという第一段階では、金融機関に直接相談されるよりも、ハードルは低くなるのかなと思います。

|

2017年11月23日 (木)

『できる人』は自分でできるようになっていく

20171123_2今朝の日経新聞のスポーツ欄に、権藤博さんがこんなことを書かれていました。

『「プロになる選手に、教えられてうまくなった選手はいない」という私の持論からすると、早実・清宮幸太郎は一番いい球団に入ることになる。大谷翔平をはじめ、日本ハムに入団した選手がすくすく育つのは他人がいじらず、素材を生かすからだ。』(以上引用です)

誰だって最初から完璧にできるわけでなく、時間をかけて成長していくのは同じでしょうけど、教えられる以上に自分で考えることであったり、周囲から学ぶことであったり、そっちのほうが重要。できる人は放っておいても、自分でできるようになっていくものです。

だから、「教えられてうまくなった人はいない」は、野球の世界に限られないこと。名言だなと思いました。

今の時代、「自分で仕事を覚えて下さい」は、通用しない考え方なのかもしれないですけど、『できる人』は、どこかでそういう要素を持っているはずです。

|

2017年11月22日 (水)

家族以外の人と働くことと経営すること

Dsc_mikuni朝から忠岡で、会社設立の打ち合わせ。

ウチのような小さな司法書士事務所が設立に関与させていただくのは、ご家族経営の会社さんがほとんどなのですが、ご家族以外の方が株主なり、役員に入られる場合は、いろいろと考えないといけないことが出てきます。

私の事務所が今の姿であるのは、家族以外の人に働いてもらいながらも、私に責任と権限が集まっているからで、これがもし他人との共同経営となると、全く違う組織となるはず。

もしくは、そもそもが事務所として成り立たなくて分裂している、という可能性もあります。

ランチをご馳走になり、事務所に戻れる時間がないまま、そのまま大東市でご相談。

昨日以上に、出ずっぱりの一日でした。

|

2017年11月21日 (火)

携帯電話から折り返せるかどうか

20171121今日は、私の祖母の納骨。
少し前に被後見人さんのことで、司法書士業務でやったこと、同じようにすることになりました。

天気が良かったのと、日取りの関係もあるのか、平日にもかかわらず、一心寺は多くの人です。

プライベートで出掛けているうちに、事務所には多くの電話。

携帯電話から折り返せる方には、移動をしながら、ちょこちょこと携帯から。
そうでなければ、事務所に帰ってから折り返しか、事務所のスタッフに間に入ってもらってのご対応です。

「携帯電話から折り返せる方」の中には、いろいろな要素があって、一度でも携帯から掛けると、次からも携帯に掛けてくる方がほとんどなので、結構慎重です。

それで「対応が悪い」と思われることもあるでしょうけど、それを言われたらそれまで。かなりの割り切りを持って、事務所の方針とさせてもらっています。

|

2017年11月20日 (月)

多くの方に共通する家計表の特徴

20171120急に寒くなって、朝の事務所の室温は12℃。

エアコンと加湿器では温まらないので、ガスファンヒーターを取り出しました。
ガスファンヒーターはやはり暖かくて、なおかつ、エアコンと比べて、電気代+ガス代がそれほど高くならない、ということは去年に検証済です。

さて、今日は新規のご相談が1件。
その後は事務仕事です。

自己破産や個人再生案件が詰まってきたので、複数の家計表を拝見していました。多くの方に共通する特徴として、「入ってきたお金がそのまま出ていってしまうこと」があります。

流れを変えない限り、借金ができてしまうと、借金のお金も含めて流れ出てしまいます。

どうやって管理方法や考え方を変えていただくか、第三者にはとても難しい問題なのですが、返済が止まっている今、「給料日前に、少しでも口座に残高を残して下さい」は、ひとつの分かりやすい目標としてお伝えしています。

|

2017年11月19日 (日)

見た目も味も最高の「パンケーキ」

20171119昼食を食べてから、フルーツサンドの持ち帰りかデザートとして…と出掛けたところ、周りにお店がなくて着いてしまった。

その結果、予想を上回るパンケーキに出会えることに。

「見るだけで感激」という食事、なかなかありませんが、このパンケーキは見た目も味も最高。

「フルーツバイキング」もあって、素材にもこだわっておられることが伝わります。

「Rosier(ロジエ)」というお店、住所は「堺市堺区市之町東5-1-15」。
堺東駅より西側、阪神高速の堺出入口の近くです。

帰りに事務所で降りる気をなくし、結果的に完全休養日。
風は冷たくなりましたが、昼から風呂に入って温まり、昼寝をして、本も読めた。心身共に穏やかに過ごせた一日でした。

|

2017年11月18日 (土)

たくさんの仕事とたくさんの読書

Dsc_5022今日は、長い間宿題になっていた調べ事。
完了した登記の書類は、机の周りに広がったままだったので、整理して収納。それと、事務所の掃除など。

先週は土日が研修で潰れたため、平日のどこかで息抜きしようと思っていたものの実現せず。

しかし、休みがなくなって身体がしんどいわけでなく、事務所で片付けをする時間、事務仕事をする時間が減ったことがしんどい元です。

今でも、対外的な土日の仕事はセーブしていますが、一番仕事が多かった時期は、電話は18時になると自動音声に切り替え。「土日に仕事を入れない」は徹底していました。

結果的に捻出できていたのは、休みの日に、ひとりで事務所で片付けする時間。それと、家でゆっくり本を読む時間です。

今から思うと、若くて大量に仕事をしていた時間に、なかおつ本を読めたというのはラッキーなこと。ホントは時間のあった20代にしておくことでしたが、遅れながらも、読書の面白さと、読書が仕事をしていくのに必要なことだと気付いた30代前半でした。

|

2017年11月17日 (金)

書類が細かいこととお金の使い方

Syorui今日は、時間指定の予定なし。
久しぶりです。

個人再生の申立書類2件のチェックをして、依頼者に不足の書類のリストを郵送。これだけで、3時間くらいは使います。

あんまり細かいことを書いたり言ったりすると、「見る気がなくなる」「やる気がなくなる」のも人の心理ですが、細かいことを気にしないと成り立たないのが個人再生。

書類が細かいのに加えて、お金の使い方にも気を付けてもらう必要があるのですが、後者を伝えるのも難しいことです。

家庭裁判所には、後見人としての年に1回の事務報告と、報酬付与の申立。

「後見人になってもらうと報酬はいくらですか」と聞かれることもありますが、法定後見の場合、後見人の報酬を決めるのは裁判所です。ある程度の基準がある中でも、就任1年目の報酬は特に分かりません。

|

2017年11月16日 (木)

余談がメインのようになり・・・

20171116午前中は、大阪市内。
会社設立に必要な書類、ご捺印をいただきにご訪問。

余談がメインのようになり(こういうことはよくあります)、大事な印鑑証明を預り忘れ。電車で途中まで戻ったところでお客様が気付いてくれて、もう一度会社さんに戻ることに。

午後からは、公証役場で定款認証。
こちらはスタッフにお願いし、受け取りに行ってもらいます。

私は、贈与や相続の打ち合わせ。
その後は「ついで」ということで、法人さんが書類を届けて下さり、助かりました。

写真は「岡畑農園」の梅干しです。
オリックスの株主優待でもらって、「こんなに美味しい梅干しは初めて…」とお取り寄せ。「うまい梅」を試してみましたが、優待でもらった「幻の梅」のほうが勝ります。

|

2017年11月15日 (水)

「相続登記から不動産売却」の流れ

20171115午前中は、不動産の売買契約と、登記関係書類へのご捺印。

親族間での売買のため、権利証や印鑑証明書を含む書類一式をお預かりし、後日、売買代金の振り込みをしてもらった時に登記申請をする、という段取りに。

ちなみに、一般的な不動産の売買契約では、「売買代金の全額の支払いがあった時に所有権が移転する」という特約が付けられています。売買の効力発生日は、売買代金の授受があった時となります。

午後からは、高石市。
羽衣駅からの単線。高師浜線に乗るのも久しぶりです。

相続登記と不動産売却の打ち合わせ。
「相続登記~不動産売却」というご依頼の流れは、最近増えてきています。

事務所に戻ると、念願だった「空白の2時間」が作れ、課題だった事務仕事が進行。前回、入力しかけた文書の日付が「7日」になっていたので、「1週間ぶり」に戻って来られたことなります。

|

2017年11月14日 (火)

会社設立、遺産承継から生活保護の手続きまで

20171114午前中は事務仕事。
相変わらず「空白の2時間」は作れず、目の前に流れてくるお仕事を進めていきます。

会社設立。定款の内容が固まったので、公証役場に原稿の送付。私が判断できない部分は、税理士さんに入ってもらい、調整してもらいました。

介護事業の会社を立ち上げられる方には、行政書士さんに相談。昨日から同じようなことを書いていますが、外部にお仕事をお願いできる専門家に居てもらえるのは、本当に助かるところ。

方針の決まった遺産承継手続きは、委託契約書と遺産分割協議書を作成。

午後からは、浪速区役所。
先月26日に申請していた被後見人さんの生活保護の決定が出たので、初回分を窓口で受け取り。来月からは口座への入金です。

その他、施設代であったり、医療費、介護保険料であったり、私からは見えていない部分で、いろいろなお金が動いているはず。後期高齢者の医療保険証は返却し、休日夜間の医療証を受け取りです。

|

2017年11月13日 (月)

「空白の2時間」を作ること

Dsc_5497_2今日は、泉大津の会社さん訪問で、会社設立の打ち合わせ。

税務が絡むため、税理士さんと時間を合わせてのご訪問でしたが、情報が分断されたり、行き違いが生じるのを防ぐために、士業同士が直接連絡を取れるのが理想。

それも、遠慮なく意見を言える関係でないと、お客様に最善を尽くせない可能性がある、と思います。

そのまま堺市の法人さん訪問で、不動産登記の打ち合わせ。
こちらは、土地家屋調査士さんからのご紹介です。

ほぼ半日が外でしたが、やろうと思っていた事務仕事に、ここ2週間、手を出せないのが深刻。

早く事務所に行けばその分やることがあって、遅くまで残ればその分やることがあって、「空白の2時間」を作ることが、目先の目標です。

|

11/12相談フォームからご相談の方へ

11月12日(日)の夕方に、相続サイトからご相談いただいた方へ。

メールアドレスが間違っておられるか、携帯電話の受信設定で、パソコンからのメールが受信できない設定になっておられる可能性があります。

相談フォームからご相談いただいた場合、まずは自動応答のメールが届きます。

自動応答のメールが届かない場合は、事務所からメールをお送りしても届かないことになりますので、「nifty.com」からのメールが受信できるよう、予め設定をお願いいたします。

|

2017年11月12日 (日)

成年後見はFPの領域ともかぶるため

20171112_2地下にいるのがもったい天気でしたが、今日も神戸で研修。

先週と今週だけで研修単位は16.5になって、司法書士会で定められた年間所定の単位はクリア。リーガルサポートの名簿登載の要件までは、もう少しです。

昨日今日の往復時間を使って、FP協会の6単位も取得。
8月分・10月分の「誌上講座&継続教育テスト」で、電車の中で問題を解いていました。

成年後見の領域はFPともかぶるようで、FPジャーナルの本文でもテストでも触れられていますが、「判断能力が低下した認知症の高齢者が、不当に高額な買い物や契約をした際に、代わって解約できることが最大のメリットとされています」(8月号15ページ)のくだりは、司法書士だったらそういう切り口で語らないだろうな、と。

そういえば、おふたりの在宅の被保佐人さんが、いつの間にか、電気代とガス代を1社にまとめる契約をされていて、驚きました。

営業に来られたのでしょうけど、「切り替えないといけない」と思い込まれているのをひっくり返すわけにはいかず、得なのか損なのか分かりませんが、大きな不利益はないので深く詮索しないでいます。

|

2017年11月11日 (土)

仕事の「ついで」に楽しみを作る

20171111朝から、神戸で成年後見の研修。
先週の「4コマ:6時間」は大丈夫でしたが、今日の「3コマ:4時間半」は厳しかった。

その違いは、話の内容とか、講師の話し方などにもよりますが、「実践の話」「実務の話」は面白いけど、「法律の話」「理屈の話」はしんどい。そんな傾向があります。

「堺-神戸」間の往復3時間は十分通えますが、明日も朝から神戸。
神戸駅前の「万葉倶楽部」に泊まれないかと、事前に調べてたものの、空きがなくて残念でした。

仕事の「ついで」を楽しむのも我が家で、今までには、湯村温泉の旅館のロビーで打ち合わせしたり、高知でカツオを食べて来たり。宍道湖に泊まった時は熱があって大変でしたが、ひとりで東京や横浜で過ごした夜も、記憶に残る時間。

『仕事は仕事』『遊びは遊び』の中でも、前乗りして泊まったりして、無理やり楽しみを作りながら仕事をしています。

|

2017年11月10日 (金)

現場仕事のため私服で出勤

20171110今日は、被後見人さんの自宅のお片付け。現場仕事のため、私服で出勤。

衣類は、ご本人と福祉関係者が選別してくれていましたが、私は、重要な書類、換価できそうな物を抜き出して、持ち帰りました。心情的に、写真も一部。

冷蔵庫のなま物の処分などは、連れて行った家族にしてもらいました。「一人では行けない」のか、「行かない」のか、多分その両方ですが、空き家に入る際には「誰かと一緒」が基本です。

昼食に、たまたま通りかかった「スシロー」。
1皿100円の回転寿司の中では、一番支払いが高くなるのが「スシロー」です。

外は暖かくて、一時日常業務から解放されていましたが、事務所に戻ると電話が鳴ります。現実に戻るものの、ほとんど事務仕事をする時間もなく、不動産売却のための打ち合わせ。

今週は、火・水・木・金と、予定の空き時間はなし。
明日明後日も、神戸での研修です。

|

2017年11月 9日 (木)

和歌山本局の豪華さに圧倒

20171109今日は、近くの金融機関で不動産売買の立ち会い。
和歌山の金融機関で抹消書類の受け取りをして、そのまま和歌山の法務局に登記申請。

和歌山地方法務局の本局。
お隣の裁判所に続いて、法務局も建て替えされていましたが、豪華な建物に圧倒されます。

見かけもそうですが、ウチの事務所みたいに、ぎりぎりの空間を利用して過ごしていると、廊下のスペースの「ゆとり」なんかでも、贅沢さが分かるものです。

事務所に戻ってからは、会社さんに登記完了書類のお届け。
土地家屋調査士さんに、滅失登記のことでご相談。

その後は、電話がかかっているか、電話をかけているかの状態が続きました。

もう今週は、新しい予定が入らない状態です。

|

2017年11月 8日 (水)

預貯金相続手続きのご依頼方法

20171108朝から、被保佐人さんの定期訪問。
そのまま、売買の買主側司法書士さんに書類のお届け。

そして、そのまま大阪家裁で保佐申立の面接になるかもしれない。そうなると、15時過ぎまで事務所に戻れないことになる…という厳しいスケジュールの中、時間が余ったので、一旦事務所に帰還。

食事時間も含め、1時間半の間に、郵便物の確認。書類が整った会社さんの変更登記の申請。明日の売買の書類を準備。

改めて大阪家裁に向けて出発。
「保佐」の申し立て面接は、参与員さんの形式的な質問に加え、調査官の面接が入りますが、今回は私を含めた協力者同席の場で。ご本人の意思を確認するため、「他の人は席を外すように」と言われるケースと、半々くらいでしょうか。

事務所に戻ると、当日予約の新規のご相談。
遺産承継業務を受任。

預貯金の相続手続き。書類収集&提出の事務代行だけのご依頼も可能ですし、遺産承継手続きの委任状をいただいて、預貯金の解約代金をお預かり&分配までさせていただく方法でのご依頼も可能です。

|

2017年11月 7日 (火)

不動産業者からの「売りたい」DM

20171107今日の予定、まずは13時からの研修を入れていました。

司法書士会の研修は、通常、平日の夜か土日なのですが、「平日の昼間に」のニーズがあるということで、60人くらいの人が集まっていました。結構多い感じ。

その後で、11時半、15時、17時にも私用を入れてしまい、大阪市内を行ったり来たり。何をしているのか分からない一日でしたが、事務所は普通に稼働。携帯電話とLINEで、連絡は行き交っています。

相続登記をしたお客様から、驚きの話。
登記簿を閲覧した不動産業者が、DMの送付に加えて家まで来る、って。

登記簿は誰でも閲覧できるので(但し、有料)、ウチにも閲覧したことが分かる状態でDMが来ますが、登記が入った後であることを狙って閲覧しているのであれば、なかなか難しいことをしています。

いずれにしても、「売りたい」「売り物件にできる」と思うから不動産業者が近寄って来るのであって、良いように解釈するとしたら、それだけニーズがある。資産としての価値があるということ、です。

|

2017年11月 6日 (月)

急げば済むことと急かすことは違う

20171106三連休明け、いつもと同じく、朝から電話が続きます。

午前中は、新規のご相談が1件。
ご家族からのご相談でしたが、第一段階としては、ご家族からのご相談も可能。但し、内容・事情を把握されていることが条件でしょうか。

午後からは、被後見人さんの病院訪問。
今日も天気が良くて、心地よい気候。車ではなく、自転車で出掛けました。

ある案件では、人と人の間に入ることの難しさを実感。

自分が急げば済むことと、人を急かして動いてもらうことは違います。
自分の都合を押しつければいいことと、双方の意向を調整することは違います。

皆さんそれぞれの立場があるということ、そういうことを理解しておかないと、うまく回らないよなということを感じています。

|

2017年11月 5日 (日)

座学と実務のバランス

20171105司法書士会の研修。いろいろな種類がありますが、昨日の研修のように6時間もずっと机の前に座ること、話を聞き続けることはないので、特別な時間。

一時は、座学を軽視していたこともありましたが、自分のやり方が正しいかどうかは、自分では分からないことなので、他所から吸収する、他人の話を聞くという部分では、謙虚になれるようになった面もあります。

司法書士の業界に限りませんが、法律が改正されたり、新しい業務が始ったり、「今までの感覚」だけでは立ちいかなくなっている部分があります。時代と共に解釈が変わったり、今までOKだったのが、裁判所の判断でひっくり返ることもあります。

机の前に座って勉強すること自体に価値はないし、どんな研修を受けているか、セミナーを受けているかは、お客様にとっても関係のないことでしょう。

すべては仕事の結果で問われるのが実務家ですが、実務とは並行して、本を読んだり、講義を受けたりして、「今までにない」部分を取り込んでいかないと、いずれ『時代遅れ』と扱われるリスクが高くなります。

|

2017年11月 4日 (土)

神戸で6時間の研修~

20171104今日は、一日神戸で研修。

兵庫県の司法書士会に入るのは初めてでしたが、すぐ近くの神戸地裁。独特な雰囲気を醸し出しています。

私がはじめて後見人等に就任したのは平成23年のことで、ずっと、「リーガルサポートに加入するものの、家庭裁判所に提出されている後見人候補者の名簿登載はせず」で通してきました。

大阪の家庭裁判所では、リーガルサポートに加入し、監督を受けていることで、『専門職』として扱ってくれていて、財産が多い方についても監督人を付けられたり、信託を言われたりということはなかったのですが、リーガルサポートからすると「名簿登載をしない」のは望ましくない状態のよう。

不利益な扱いを受けて、依頼者の方に迷惑を掛けてもいけないし、思い立った時に、ということで、名簿登載の準備だけしておくことにしました。

|

2017年11月 3日 (金)

事務所看板のタイマー設定

20171103いつもより早い時間に事務所を出ると、事務所の看板の電灯が消えていることに気付きました。

事務所の中で、タイマーで、「ON」と「OFF」の時間を設定できるようになっているのですが、日の入りが遅い夏仕様のまま放置されていた結果…。

よく「お客様目線で」とかいいますが、気を配らないと、こんな些細なところでも欠落してしまうものです。

さて、今日は事務仕事。
・見積書の作成や登記関係書類の印字
・会社設立の概要を、お客様と税理士さんで共有できるよう「まとめ」
・リーガルサポートには、10月締めの定期報告の送信
・レターパックで完了書類が戻ってきた案件は、請求書のご用意
・月曜日の登記申請の準備

午前中は、電車で事務所に行って、車で自宅に。午後からは、徒歩で往復。

久しぶりに歩いてみると、あちこちに建築中の建物。収益物件が建てられているのが目につきましたが、自分の足で歩いて、こんな変化を肌で感じることも重要です。

|

2017年11月 2日 (木)

周囲の専門家の方の力をお借りして

20171102午前中は、大阪市内の会社さん訪問。
また、地下鉄中央線で一瞬方向が分からなくなり、乗り換えに躊躇。

午後からは、不動産の名義変更の打ち合わせ。
不動産業者さんにも来てもらって、売却のご相談も並行して。

最近はいつにもなく、日々周りの専門家の方に助けてもらって、司法書士業務に付随すること。お客様のご要望にお応えしています。

昨日申請した商業登記は、いずれも完了予定日は1週間後ですが、堺も本局も処理が早くて2件が完了。同時に窓口に書類を出しても、登記の完了までにタイムラグができるのは、処理をされるのに、単純な「1件ごとの順番」でないということなのでしょう。

ずっと遅れ気味だった事務仕事は、もう少しで遅れが解消予定。
三連休も、金曜日に祝日も珍しくて、今週はまだ余力が残っています。明日は仕事、明後日は司法書士会の研修・・・です。

|

2017年11月 1日 (水)

『1日』は期日指定の商業登記の日

20171101今日は、会社さんの登記で新規のご相談。
ホームページ経由による、会社さんからの登記のご依頼も時々あります。

午後からは、役員変更登記の書類にご捺印をいただきにご訪問。
穏やかな天気で、自転車で走っていても、気持ちのいい気候です。

『1日』ということで、期日指定で、事前に申請準備をしていたのは、株式会社の設立、吸収合併と代表者の変更登記の3件。それに今日揃った分も入れて4件の申請でした。事務所の司法書士も、法人さんの登記を申請していました。

保佐の申立書類は、「面接の1週間前に」の期限がギリギリになったので、家庭裁判所まで持参。

その他、個人再生の申立書類の確認、不動産贈与の見積書の作成など。

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »