« お葬式の生前契約 | トップページ | 『1日』は期日指定の商業登記の日 »

2017年10月31日 (火)

後見人の選任と相続の時の手間

Syorui今日は、新規のご相談が2件。
あとは、私は事務所から出ずに、事務仕事でした。

10か月を要した遺産承継の手続き、相続税の申告も終えて完結。
報酬を頂戴して、相続人各位に相続財産を分割しました。

「後見人を付けたら、相続の時にややこしいですか」と問われることもありますが、直接は関係がないものの、どちらかというと逆です。

後見人が付いた場合、財産は漏れなく把握するように努めて、すでに財産目録が存在しますし、現金についても帳面があるので、少なくとも相続財産の計上漏れは防ぐことができます。

堺の公証役場では、定款認証。

本店移転登記の書類を作成して、依頼者にご郵送。
本店所在地の表記、たまたま住民票の住所と同じなのでよかったですが、何らかの公的な証明が出るわけではないので、「-(ハイフン)」を使わない司法書士としては、慎重になるところです。

|

« お葬式の生前契約 | トップページ | 『1日』は期日指定の商業登記の日 »

司法書士の日常」カテゴリの記事