« 「うちわ」をパンフレットに差し替え | トップページ | 専門家としてのスタンスと資質 »

2017年10月 6日 (金)

「商業登記の思考」ができているうちに

20171006うちの事務所は、割合的には商業登記は少なくて、パンフレットでもホームページでも、原稿の占めるスペースは少ないですが、「商業の思考」ができているうちにと、宿題になっていたこともまとめて取り組みます。

株式分割、株式併合、自己株式の取得、株式の消却、単元株式の変更などなど、最近は定時の役員変更よりも、イレギュラーな内容のご依頼が多くなっています。

午後からは、電話が錯綜して、事務所の人手が少なかったこともあって、手元が混乱状態。合い間を見て、ずーっとメールも打っていました。

家庭裁判所から電話だと身構えたところ、「郵券を10円追納して下さい」だったりして。「10円の郵便切手を郵送する」という、そんなわずかな「作業」が自分でやるのは結構負担です。

それよりも、電話へのご対応。「事務所のスタッフが電話を取ってくれる」ということが、どれだけ助かっていることか、というのも分かります。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「会社登記」

|

« 「うちわ」をパンフレットに差し替え | トップページ | 専門家としてのスタンスと資質 »

司法書士の日常」カテゴリの記事