« 「仏壇とお墓」から永代供養に | トップページ | 宅急便はやっぱり便利なサービス »

2017年10月 3日 (火)

「下書きしておく」ちょっとした配慮

Dsc_5372今日は、成年後見の新規のご相談。

「申立書類作成のみ」という選択もありますが、特に保佐、補助予定であれば、お受けするのであれば保佐人、補助人の候補者になることを前提に、と思います。ご家族が候補者になられる場合は別ですが、そうでないと、ご本人にとっては、せっかく関係が築けたのにまた一から他の人と、ということになるので。

続いて、「終わったら電話します」というお約束に甘えさせてもらって、1駅移動。

特に出先の場合、前の予定が予定通りに終わるとは限らなくて、時間が余ったり、足りなかったりするので、「終わったら…」を許していただけるのは、とても助かります。

事務所に戻って、変更登記のご依頼。
上場会社さんから直接のご依頼は、初めてです。

金融機関に出向いて、書類の受領。
契約書類の記載に不備があったので、また明日出直しになりますが、鉛筆で下書きしておくという、ちょっとした配慮が足りなかったと反省です。

◎リンク 司法書士吉田事務所 成年後見相談サイト「成年後見制度」

|

« 「仏壇とお墓」から永代供養に | トップページ | 宅急便はやっぱり便利なサービス »

司法書士の日常」カテゴリの記事