« 応接室のパソコンは役に立つ | トップページ | スリッパと「くつ箱問題」解決へ »

2017年10月13日 (金)

不動産業者さんとの相性とあうんの呼吸

Dsc_4762今日は、不動産売却の打ち合わせ。
仲介業者さんと一緒にお客様宅をご訪問し、売り出し価格のことや段取りをご説明してもらいました。

一時は、任意売却。
自己破産と並行して行う任意売却が多かったですが、最近は、住宅ローンを抱えられている方の自己破産は減少傾向。

一方では、相続や成年後見がらみでの売却事案が増えています。

不動産業者さんもたくさん存在しますが、司法書士もたくさん存在します。初めて接する仲介業者さんの場合、お互いが認識している段取りが違って、仲介業者さんとのやり取りだけでストレスを抱えることもあります。それは、お互い様なのだと思いますが。

話は戻りますが、司法書士の業務の中で、不動産の売却の必要性が生じた場合、かつ、お客様が希望された場合は、仲介業者さんのご紹介から売渡しの登記まで、フォローさせてもらっています。

|

« 応接室のパソコンは役に立つ | トップページ | スリッパと「くつ箱問題」解決へ »

司法書士の日常」カテゴリの記事