« 「戸籍の附票」と「住民票」の関係 | トップページ | 「原則」でない情報に価値がある »

2017年9月13日 (水)

法定相続情報証明を使うメリット

20170913朝から大阪市内、被保佐人さん宅の定期訪問。新大阪にある河合塾は、大学受験前の模擬試験で来たよなーと、前を通る度に遠い過去を思い出します。

そのまま八尾市に、登記完了書類のお届け。

午後からは、銀行での相続手続き。

やってみて気付いたことですが、新しくできた「法定相続情報証明制度」を使って相続の手続きをするメリットは、戸籍謄本の原本を一度預けないといけない金融機関が複数ある場合、印鑑証明書だけ複数枚あれば、同時並行で進められること。

支店でコピーを取られる金融機関があれば、待ち時間が節約できること。今のところそんな感じです。

少なくとも、相続登記と預貯金の相続手続きの両方のご依頼を受けている場合は、「とりあえず、相続登記と同時に法定相続情報証明も申請しておく」というのはひとつの選択肢です。

|

« 「戸籍の附票」と「住民票」の関係 | トップページ | 「原則」でない情報に価値がある »

司法書士の日常」カテゴリの記事