« いずれ葬儀法要を背負う立場になる | トップページ | 「赤いネット」が醸し出すみかんの雰囲気 »

2017年9月19日 (火)

スペースがあればあるだけ増えていく

Dsc_5022「少し落ち着いたかな」と思ったところで楽はさせてもらえないのですが、「請求書をお送りする」という単純な工程も遅れていたので、2件発送。

会社さんの変更登記の書類を整えて、ご訪問のアポ。

家庭裁判所には、被後見人さんの居住用不動産の売却許可の申請。
その前に、ご自宅の中の荷物の整理をしないといけないので、書類だけの手続きでは済みません。

事務所の中でも同じですが、書類を収納するスペースがあればあるだけ、書類が増えていきます。

だから、考えるべきことは、どうやって収納スペースを増やすかより、どうやって不要な書類を破棄していって、限られたスペースに書類が納まるようにするか、なのだと思います。

自宅の本棚は、すでに収納不能状態。
本も整理していかないといけないのに、なかなか捨てられないのも、同じ問題です。

◎リンク 司法書士吉田事務所 成年後見相談サイト「コラム 居住用不動産の売却許可」

|

« いずれ葬儀法要を背負う立場になる | トップページ | 「赤いネット」が醸し出すみかんの雰囲気 »

司法書士の日常」カテゴリの記事