« 事務所から仕事の持ち出しはしない例外 | トップページ | スペースがあればあるだけ増えていく »

2017年9月18日 (月)

いずれ葬儀法要を背負う立場になる

20170918朝から、夏が戻ったかのような青空。

台風に備えて、前日、雨戸を全部閉めて、自転車も中に入れて帰ったものの、堺周辺はほぼ雨が降らず。雨雲レーダーで、西宮あたりまで「赤」が迫ってるのを見ていましたが、うまくスルーしてくれました。

さて、今日は、亡祖母の三十五日の法事。
葬儀法要のしきたりは、自分がいい歳になって経験することで、やっと分かってくること。

まだ私にも頼れる年長者がいるので、偉そうなことは言えませんが、祖父母が居れば、父母が居れば、守られて生きていけるし、ある意味他人事で済むことも、いずれ自分が年長者になって、祭祀を行う立場になります。

事務所にも、被後見人さんのご家族のお骨を預っていて、納骨に行かねばならないのですが、これから、葬儀法要のことは、司法書士の業務の中でも、避けて通れないことになってきます。

|

« 事務所から仕事の持ち出しはしない例外 | トップページ | スペースがあればあるだけ増えていく »

司法書士の日常」カテゴリの記事