« マンションの価値も伝え方次第 | トップページ | 売買を立ち合う司法書士が遅刻しない理由 »

2017年8月 2日 (水)

見積書があれば見積書が出せる?

Topimg05_1今日はご訪問での打ち合わせが1件。
司法書士が行う登記の前提となる表示登記について、土地家屋調査士さんも交えての打ち合わせです。

土地家屋調査士さんとは「登記」の部分での隣接士業で、勘違いされて問い合わせされること多いですが、専門性という部分では、私自身も意外なほど違いがあります。

別件では、登記費用の見積もりに関する問い合わせ。

すでに存在する見積書を拝見すると、判断しやすいのは正直なところですが、例えるところの「後出しじゃんけん」。

相見積もりの後出しは、私自身がされて嫌なことなので、「すでにある見積書を見せて下さい」「見積書を見せてもらえれば、すぐに見積書を作れます」は、こちらから求めてやることではないです。

|

« マンションの価値も伝え方次第 | トップページ | 売買を立ち合う司法書士が遅刻しない理由 »

司法書士の日常」カテゴリの記事