« 45分間電話で話し続ける | トップページ | 任意整理案件がひと段落 »

2017年8月22日 (火)

事業目的変更のニーズ

Dsc_tennouji_3今日は、堺市内で不動産売買の立会い。

昨日に続いて、「事務所に居れるのは9時半まで」でしたが、電話のご対応で慌てて出発・・・。時間ちょうどに到着でした。

何度も書いてきましたが、不動産売買の現場に司法書士が遅れて着くと、自分のペースでの作業、書類のご確認に余裕を持てなくなります。今回は、「売主さんが別々の、2つの売買を同時に」の方法でしたので、なおさらでした。

事務所に戻ってからは、目的変更登記の申請。

会社の事業目的の縛りは緩くなっていますが、その一方では、新しい事業を始められたり、介護関係のように、法律改正で「特定の表現を目的に入れないといけない」とされる業種もあるので、最近では定時の役員変更より多くなっています。

午後からは、被後見人さんの定期訪問。
天王寺の大阪市サービスカウンターでの戸籍謄本の収集。

大阪市の郵送事務センターへの請求も、以前よりかは時間がかからなくなっているようですが、「ついで」がある時と、「少しでも早く」の時は、サービスカウンターを利用です。

|

« 45分間電話で話し続ける | トップページ | 任意整理案件がひと段落 »

司法書士の日常」カテゴリの記事