« 後見人さんの印鑑を求められるケース | トップページ | 45分間電話で話し続ける »

2017年8月20日 (日)

亡くなった後も影響を与えることができる

20170819昨日は祖母の葬儀。

ここで書くことではないかもしれませんが、私が司法書士として歩む中でも節目となる出来事なので、書き残しておきます。

もうすぐ94歳でしたが、最後までしっかりしていました。
それが一般的に言われる「受け答えがしっかりしている」というレベルじゃなく、自分の意思で人生の選択もして、年長者としての威厳は失うことはありませんでした。

人に与える影響は、言葉に出すこと限らないし、外から見える出来事に限りません。亡くなった後であっても、影響を与え続けることはできるんです。それだけ、立派な生き方でした。

これから身内の相続手続きをする中で、いろいろと感じることが出てくると思いますが、早速、葬儀社さんから司法書士事務所を紹介されて、なるほど~と。

通常料金があって、「特典」として特別料金と表記されていますが、高いです。
高いのがいけない、ということではなくて、素人だから分からないだろう、という世界が見えてしまうのが残念です。

|

« 後見人さんの印鑑を求められるケース | トップページ | 45分間電話で話し続ける »

司法書士の日常」カテゴリの記事