« お葬式代計算のシステム | トップページ | 亡くなった後も影響を与えることができる »

2017年8月18日 (金)

後見人さんの印鑑を求められるケース

20170818何気に掃除していると、室外機の裏に蜂の巣を発見・・・。

すぐに駆除業者さんを検索しましたが、遠方過ぎるのに「堺市」のキーワードで引っ掛かるようになっている。市外局番が出ていない。明らかにダミーだと思われる女性の写真が載っている。業種は違えど、「こうすれば警戒される」という体験でした。

さて、今日は、金融機関に後見人就任の届け。

新規のご相談は、ご家族のご紹介。相続登記を受任。

午後からは、茨木市役所。
あちこちの部署を、1時間半くらい歩き回りましたが、「被後見人さんの認印がない」ということで、ひとつの書類は出し直し。

「被後見人さんの印鑑を押して」と言われるケース。役所の手続きでは時々ありますが、いちいち抵抗するのも面倒なので、何も言わないことにしています。

夜は祖母のお通夜。
「家族葬」という前提でしたが、親族以外にも多くの方が来て下さって、有難いと共に、家族葬とは何ぞや?と改めて考えるのでした。

|

« お葬式代計算のシステム | トップページ | 亡くなった後も影響を与えることができる »

司法書士の日常」カテゴリの記事