« 白紙だった予定を自分で埋めていく | トップページ | 今日は打ち合わせの集中日 »

2017年6月14日 (水)

相続登記と相続税申告の後先

20170614今日は、摂津の市役所で、被後見人さんの住所異動の手続き。

「住所の変更登記」であれば日常的に接しているものの、役所での住所異動の手続き。それも、市外への移転手続きとなると、自分自身でも経験はありません。

転出の届出を済ませると、そのまま介護保険の係と、後期高齢者医療保険の係に案内され、介護保険の係では、転出先の市でも介護認定を継続できるよう、「介護保険受給資格証明書」を発行してもらいました。

事務所に戻ってからは、完了した贈与登記の書類をご返却。相続登記の書類もご返却。

相続登記に必要な戸籍謄本。

法務局での名義変更の手続きが先であれば、原本一式が戻ってきますが、相続税の申告が先になると、税務署には戸籍謄本の原本を出されるので、「相続登記用にもう一度収集し直し…」となります。

司法書士が受任元になるケースでは、当然のように相続登記を先に済ませますが、税理士さんが受任元になられるケースでは、どうしても優先順位が違ってきます。申請期限の制限のない、「相続登記はせずに相続手続き完了~」となっている場合もあります。

◎リンク 司法書士吉田事務所相続サイト 「相続手続きと期限」

|

« 白紙だった予定を自分で埋めていく | トップページ | 今日は打ち合わせの集中日 »

司法書士の日常」カテゴリの記事