« 登記が完了するまでの期間 | トップページ | 「急ぎ」のお仕事への対応 »

2017年6月 8日 (木)

受任前に問題点をクリアしていけるのが理想

Nagare今日は、5時台にFAXをいただいていた登記費用の見積もりからスタート。売却価格の査定は、不動産業者さんに依頼。

不動産の査定といえば、うちのマンションの郵便受けには、毎日毎日「売り物件」を求めるチラシが入っています。「このマンション限定で」とか、「○○円で購入希望のお客様がいます」とか。登記簿を閲覧してDMを送ってきたり、やり過ぎです。

韓国籍の相続登記を申請。

本局に申請していた会社設立の登記。
完了予定日は余裕を持って日を取られていましたが、早い目に完了。「この後」の段取りにと、急ぎで登記簿謄本と印鑑証明を取るため、スタッフは今日二度目の堺東行き。

個人再生の打ち合わせは、受任前に継続中。

「とりあえず受任通知」となることも多いですが、受任前にいろいろとお話しして、問題点をクリアして、依頼者の方にもご家族にも理解してもらって、納得してもらってから着手するのが理想です。

|

« 登記が完了するまでの期間 | トップページ | 「急ぎ」のお仕事への対応 »

司法書士の日常」カテゴリの記事