« 「過去の当事務所のご利用」欄 | トップページ | 登記が完了するまでの期間 »

2017年6月 6日 (火)

堺管轄の取扱いが圧倒的に多い中

Dsc_5027今日は、朝の時点では時間指定の予定なし。

流動的な中で、新規のご相談、役員変更書類のご捺印。
完了した登記関係書類は、お客様と金融機関にお届け。
公正証書遺言の原稿と関係書類は、公証役場にお届け。
評価証明書を取って、登記費用のお見積り。

銀行員さんから、設定契約書のお届けもありました。
しかし、「司法書士が預りに行く」というのが日常のやり取りです。

登記費用の見積もりに必要なのが、固定資産の評価証明書。

お客様が固定資産税の納税通知書を持たれていれば、そのまま計算できますが、そうでない場合は、堺の法務局→市役所へと走って、無料で取得できる登記用の評価証明を取ります。

地理的に、堺市の物件のご依頼が圧倒的に多いので、実現できることです。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「不動産の購入 司法書士報酬と手続きの流れ」

|

« 「過去の当事務所のご利用」欄 | トップページ | 登記が完了するまでの期間 »

司法書士の日常」カテゴリの記事