« ひとつのご紹介がまたきっかけとして | トップページ | 「医師」を「司法書士」に置き換えて »

2017年6月21日 (水)

ゆうちょ銀行の貯金限度額を超えた場合

20170621結構しっかりとした雨が降っていましたが、今日は、出張で成年後見のご相談。それと、被保佐人さんの病院代の支払い。

ご本人がリハビリ中だったので、理学療法士さんともお話ができました。

40代の私の身体でも同じことですが、「現状維持でいい」と考えていると、年齢と共に衰えていくもの。それを前提としてどんな行動を取るか、が問われます。

被後見人さんの、ゆうちょ銀行の口座。
定額貯金が満期になって、定額の残高が1,300万円を切ったので、通常貯金の限度額を設定し直しに行きました。

定額だけで1,300万円に達してしまえば、通常貯金にいくら入れても利息は付かない状態になるのですが、ゆうちょ銀行に相談すれば、「それが一番有利な方法です」となります。

無利息で預けるくらいなら、その分を他行に移して、わずかであっても利息が付く状態にするほうが有利だと、私なら考えますが、特定の事業者の中、特定のサービスの中だけで考えると、消費者にとってのベストな選択肢にたどり着けないことがある、ということです。

|

« ひとつのご紹介がまたきっかけとして | トップページ | 「医師」を「司法書士」に置き換えて »

司法書士の日常」カテゴリの記事